So-net無料ブログ作成

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.30 [HEART BOILED ☆ SF story]


   アダルズヒーロー・ヒューマンファンタジー
  HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3


                       鐘井音太浪
                                                              -netaro kanei-



 読者の皆様へ。 只今から週末小説はじめます! m(_ _)m
 ★全容を飛ばしたい方は、 下記の青色本編からどうぞ★


       プロローグ   

 この物語は、 フィクションだ。
 物語のステージになるこの惑星も俺の想像によるものだ。
 が、 何処かの太陽系第三惑星に有するものだったりするやもしれない。
 また、 固有の人物(生命体)名などが、 従来存在する名前と一致したとすれば    それは単なる偶然だ。
 ま、 しばし音太浪ワールドに付き合ってもらおう……ああ、 この物語を読むに当たってのアドバイスだ。 どこかに……地球という惑星が存在しているなら、 そこの常識を頑なに守りつつ読むのでは、 入り込み方が半減することを約束しておこう。 柔軟且つ白黒つけぬグレーゾーンをふんだんに維持し、 その狭間で楽しむことをお勧めする!
 物語展開は、 基本主な登場生命体、 つまり主役目線だ。 が、 ときより天の声も使う。
 では、 はじめよう……


       主な予備知識紹介   

ミックソン=レジェンズと呼ばれし半物質の特殊知的生命体とピューソンの融合生命体。 容姿は化け物。
レジェンズ=一般には触れることも見ることも出来ない特殊生命体。
ピューソン=何の特殊能力を持たない真人間。
ミックモン=邪な感情が頂点に達したとき、 身近な動植物と同化しその能力を持って実力行使する化け物。 力のあるミックモンやミックソンによって、 ピューソンをミックモン化することも可能。


   THE PARALLEL PLANET☆No.3!     STORYの序章   

 ★ ダーク(未知なる)レジェンズ十三柱の総合意思
     もういい! こんな無意味な世の中……
     我々はもう限界だ!
     ピューソンの知力を利用し……ミックモンを仕向けちゃいましょ!
     我々も同化できるベターハーフなピューソンを見付けようぞ!
     もう既に潜入している我ら以外のレジェンズやらの同士と……共に!
     ピューソン社会を一掃するんだ!
     うむ、 そうしてくれ!
     もう情状酌量の余地なしじゃな!?
     が、 中には救えるピューソンもいるやもしれん!
     なら、 まずは私が下部、 ダークレジェンズチームを……降臨致しましょう!
     引けをとったわね、 貴方にしては珍しく!
     ふっ、 俺様は勝手にいくぜ!
     相変わらず身勝手な奴だ……ライトニングレジェンズは!
 ……ああまってぇ~ライトニング様~ぁ! あたしもいくぅ……!

 この世からすれば絶する異空間での会合   
 それらはこの世を造り……生物をも誕生させた!
 が、 進化に伴い……人=ヒトガタ知的生命他の劇的な進化に戦いていたものの……
 その身勝手さに目を細めるようになっていた。
 そして、 ついに! 審判を問うことに……
 それまで、 異空間に    パラレルワールド化させたこの惑星のもう一つの世界を造り様子を窺っていた。
 が、 慈悲なる感情がないわけでもなく……十三柱のリーダーが、 現世に勧告した。
     ……パーフェクトオールレジェンズである! これより一カ年の期に……   
 まずは二柱のレジェンズが各々に動いた!


   ★ それは空気の澄んだヒンヤリする如月と呼ばれしある晩に……

 ピューソン側からすれば現世となる惑星に……レジェンズ側の半物質惑星が……
 ……そしてこの日、 その惑星は二分していたパラレルワールドがリンクした。


   ☆ リョウガのハートボイルドな決意

 もう思い残すことは何もない!
 すべてをこのときで変える    ハートボイルだなフリーランスライフだ!
 これまでいい子を演じてきた俺、 四十猶予の歳にして真なる一本立ちだ!
 妻子ある身を脱して    ここから先の生涯は、 其奴らを巻き込むことは様々危険だ!
 完全に縁を切り、 フルネームを改めた。
 俺の名は、 ペンネームどおりのライドウリョウガだ!
                            BY RYOUGA   


   理念、 HEART ・ BOILED ・ 7本柱とは……

  ☆己の意思(意志)決定により素直に言動する。
  ☆遊び心を持ったシンプルさへの追求心。
  ☆その外見に偏見を抱かない。
  ☆信じることの出来る精錬。
  ☆その分野の超人(高み)を目差す。
  ☆御節介はときより御法度!
  ☆結局、 自身らしく生きる。



   HEART-BOILED☆LEGEN'S Vol-1
  ハートボイルド★レジェンズ

  ファーストコンタクト! のおさらい

 俺(ライドウリョウガ)は、 この街の路地で奇怪な」ライトニングを喰らう。
 それは、 ライトニングエナジーレジェンズ・フルフリーそのもので、 ベターハーフとなるピューソンと融合するのが目的だった。
 この意までをも則ろうとするが、 俺は苛み、 其奴は何故か大人しくなった。
 俺は、 その新たなライフスタイルを、 好む女二人と営みはじめたところだ。
 直接危害がない限り、 他のことは 『どうでもいい!』 と言った思考の俺だ。
 が、 巷で噂のミックソンとなってしまったため、 アイスウーマンなどの数々のミックソンやミックモンと遭遇し、 やむなく関わってしまう。
 俺が掲げている理念 “ハートボイルド(七本柱)フリーランスライフを遂行している!


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-2
  ハートボイルド★レジェンズ

  THE DARK★LEGEN’S★MEN! のおさらい

 俺、 ライドウ・リョウガことフリーマン (ミックソン) は、 マテラ、 エリサ、 エルサ、 W・ナチとともに、 マロニエシティを襲ったローテンローゼン、 セントオオジョウシティを襲ったモングジラン少将をも何とか制圧して……場を納めた。
 ローテンローゼンもモングジラン少将も、 レジェンズ融合体の強敵だった。 が、 それらの真なる正体までは知るよしもない俺だ。 ま、 大方全世界からピューソンの一掃をミッションとし……ピューソンと同化するモンスターミックモンをも使ってピューソン一掃抹殺をこの惑星全域で遂行している……ようだ!
 が、 俺のテリトリー、 マロニエシティとフリーランスライフを犯してこなければ、 俺には関係ねえ。 ま、 どうでもいいこのだ!
 ま、 独りよがりか否かは一般の目線で勝手に評価していればいい……が、 どうしても意識してしまう俺にとっては “本物” 志向の……はっきり言っていい女らの身に何かが起きるか、 お強請りされれば関わざるおえないこともなくもない……かなあ~ぁ、 と言う意も出はじめてはいる俺でもある。


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3
  ハートボイルド★レジェンズ

  イッツ リアリティ ザ・ピューソンズ・プラネット!


   0

 んが、 関わっちまったぜ。 マテラの正体を知ってしまったせいだ。
 マテラ、 マロニエシティ御当地ミックソンのマテラ・ディーチェの正体は、 俺がピューソン時の好むいい女の一人、 サキ・ヒトミだ。
 そんな関係の女にせがまれ……お強請りされれば嫌とも言う間もない一つ返事の 「ん!」 と首を縦に、 勝手に反応してしまう俺だ。 四十の男でも……自ら得たなら性格って言う奴を変更することもあるさ! ブレるのとは違う。 固有生命体的進歩……学習だ。
 今夜のお相手ミックモンは五体だった。 牛に馬に豚に鶏……何故かトラ! これらが同化したミックモンの化け物をマテラ、 アイスウーマンのエルサ、 そして俺で……と、 途中からあのメタワンコのホドガケ運ちゃんも手を貸してくれて……マロニエシティ・中央区マロニエ社(やしろ)前大広場は、 ある意味大にぎわいになった。 が、 ファイヤーイーグルのエリサもW・ナチは姿を現さなかった。 ま、 いい。 其奴の勝手で。 事情って言う奴もあるし、 俺はまだ、 W・ナチの性格って言う奴を深くは知り得てはいない。 勝手に思いこめば偏見になる。 俺の一番嫌いな……己の見ていない世界観を勝手に決めつけ判断してしまう……は、 偏見を抱く! ってなことだ。 俺も此奴で……協調性主義集団からの集中砲火を浴び続けていた時代もあった。 そのころは単なるピューソン男の……少し古い言葉だが……チョベリ男で単なるカッコツケマン! 中身が伴わない本当の意味での伊達カラースーツ好き男だった。 ま、 ジャケットを羽織ることへの憧れを実行していただけだ。 が、 周囲の目はそんな感じの視線が多かった様な気がしている。 はっきり弄って来てくれる者は少なかったが、 意を言葉にしてくれる奴はありがたい。 こちらの意を真に伝える機会を与えてくれる。 が、 影でゴチャゴチャ……明らかなる極寒な視線ながら影でゴチャゴチャは、 其奴らの意見をはっきりと汲めないので対処の使用もない……で、 勝手にこちらを、 はっきり言って仲間の輪からお外しあらされる。 協調性のない奴とレッテルを貼りやがる。
 で、 俺はよく知りもしない……且つ、 この目に見ることの出来ない影の大いなる世界観に対する身勝手な想像をすることを止めたんだ! したら、 すんごく気が楽になったんだ。 職業柄、 フィクションはライターとして描くが、 俺に知り得ない……目にも出来ない影の世界観を事実としては勝手に決めつけ講じない! と言うことを止めたと言っている。 言葉って言う奴も、 時頼厄介で、 その者の生い立ち……今日(こんにち)に至るまでの環境の差の価値観等々で……違って当然なのに……自身が身に着けた感覚で相手の放った言葉を読み解くが……そこに大きな落とし穴が存在していることを考え……思いつきもしない。 だから、 つまらない言い争いが生じるのだと俺は勝手に思っている。 同種の意味でとらえてはいるのだが……ニュワンス違いでズレてしまっていることにも気がつかず……掛け違えているだけなのに! 互いが釈然としない顔をしつつも……わかりあった振りして表情を繕っている光景を、 俺も幾度か目撃しているような気がする。 ま、 んな訳で俺は 偏見 っていう奴を抱くにはよく知った上か、 ファーストインスピレーションの所謂 『生理的気持ち悪さ』 っていうことでのどちらかだ。 後者のケースは俺の感覚では稀だが……どうしてもその外見を受け入れられない者が……たま~に出現する。 ま、 ☆その外見に偏見を抱かない☆ を理念テーマに掲げてはいるが、 このキャパオーバーな逸材も稀に出現してしまう……本にこの世はまだまだ底知れぬ……まあ、 いちピューソン男だった俺では止む追えまい。 が、 今はライトニング・エナジー・レジェンズのフルフリーとの融合知的生命体・ミックソンでフリーマンと名乗っている俺だ。
 で、 昨今のこのシティ……今夜も植物と同化したミックモンが出現しなかった、 と言うことは……プラント(植物)エナジーレジェンズのローテンローゼンが関わってはいないようだ。
 月光を背に俺はフリーマンに姿で……上空推定一千メートルをホバリング中だ。 テプラノドンの翼似の大翼をゆったりと羽ばたかせ……SWアイを駆使して下界を見下ろしている。
 SWアイとはこの目の特殊な能力で、 フルフリーとの融合で備わった能力だ。 千里眼の如く、 何処までも拡大フォーカス可能な視野力……それはまるでライフル銃などで使用するオシロスコープの如しだ。 もう一つ特殊能力があり……生命体以外の内部……つまり、 ピューソンの手によってつくられた建物や道路、 衣類に機器類の内部などを透かし見ることが出来る。 が、 例えば街路樹内部の根幹や年輪……マテラやエルサのコスチュームの中のオッパイや小股を透かし見ることは出来ない。 コスチュームを装ってはいるが、 あれらは何れも皮膚変化によるもので、 要するにすっぽんぽん状態の裸で皮膚を衣類に変化させ……ま、 カムフラージュしている。 俺もそれは出来る。 俺がピューソン時に好むクロウズのジャケットも皮膚変化で再現できる。 そのリアルさときたらしっぽりと触れない限りそのもので可成りの完成度だ。 で、 この目の能力に戻すが、 スコープのSとスケルンアイのSのダブルの能力と言うことで、 SWEYEだ。 今はもうコントロールは自然と勝手に……生まれた赤ん坊が……やがてはいはいをして……つかまり立ちをして……よちよち歩き出して……もうすっかりいつの間にか二足歩行で当然の如く歩くのと同様な日常的身体能力だ。
 ……下では、 マテラがガマーズ隊員らと……現場処理を行っている。
 マテラの正体は、 俺の女、 サキ・ヒトミ! で、 ヒトミはマロニエTVのガマーズ専属リポーターでもある。 その正体を知らないうちは単なる化け物見たさの好奇心旺盛主義な性格が度を超してのことかと思ってもいたが、 御当地ミックソン・マテラでは、 いち早い情報源を! と言った考えからも……俺の勝手な想像の推測だが……大方であろう。 ヒトミとは完全男女の仲で……出会って、 好感の意志交換をはっきりとして以来の五年以上に渡る間柄だ。 俺が勝手にどう想像してしまったとしても……得意のヒトミーズ・フラッシュ・スマイルを満面に頌え! 「もうリョウガさんったら……ふふっ」 と、 肯定否定もはっきりと意思表示してくれると、 確信できたしまう。 古から伝わる巫女衣装と陣羽織を足しで二分した白地に朱色の縁取りを施しているコスチュームだ。 得意の業はアローだ。
 で、 ガマーズとは、 G=グローバル・A=アンチ・M=モンスターオブ・R=レンジャーズSー複数のSで、 GAMRS=ガマーズの愛称部隊だ。
 ……エルサも正体を知っている。 嘗ては的として俺の前に出現した。 俺が行きつけのカフェ……マロニエシティ・北区にある “カフェテラス” と言う名のカフェのバイトの自称女子大生の通称ナミーちゃんとデートでいった映画館上映中に……いきなり客席をその業で襲ってきた。 攻撃の衝撃でナミーちゃん気絶後に、 俺は止む追えずフリーマンになった。 それをエルサに目撃されてしまっていたため……もう言い逃れなんてダサイ言い訳はしない主義の俺は、 正々堂々と認めた。 ま、 ことを終えたのちに……何故かセックスを伴ういきなりのお付き合いが……俺も拒むことなく……エルサも積極的に……行為に及んでしまって以来の男女の仲だ。 ヒトミも、 もう一人の同棲女のリサも、 すんなりと受け入れて今ではピューソン時はいい女らを相手にライフワークを営んでいる俺だ。 いい女の方からもその好意を露わに来てくれているのだから何処に拒まざる理由がある? と、 俺はよき言い方なら……三名の彼女がいる。 コピーピューソンではあり得ないので……魅惑の魅力が当然の如く違う。
 おおっと! 間もなく夜が明けそうだ! 俺たちミックソンは、 恒星の光を浴びると消滅してしまう。 少しだけ実感を得たことがある俺だ。 どうして恒星の光に影響するのかは知らないが……俺は退散する。
 「デュワッ!」 と、 マロコン屋上に、 無音の青きライトニングとなって、 急降下する。


   1から28 (の粗筋)

 フリーマンを解いて……マロコン屋上に舞い戻ったライドウ・リョウガに、 いきなりの不適な笑い声をたてて話しかけてきた白トラ柄のコスチューム戦闘軍服ボディで背からゴールデン・コンドルの羽の生えているあの “トラコウ” のシルエットだった。 トラコウは声明らしきことを告げて消えた。
 リョウガは、 どうでもいいことなので気にもとめず302号室に帰る。 リサはいなかったがセレン・コールマンが来て、 サキ・ヒトミも加わって、 互いに求め合い “まったりエロスワールドを展開し、 満喫すると何故かエナジーパワーがマックスチャージされる。 ヒトミもセレンもリョウガの正体をしている
 いつになくリサが帰ってこない。 マメではないが、 不定期的に日に一回はリョウガのSNSナインに何らかの動きがある。 で、 いないことをヒトミとセレンとリョウガは、 リサを捜しに出る。 まずはN社のGTーRでイケントマーシー・パークの高台駐車場……愛称、 『見晴らしのいい高台パーキング』 に行き、 車載GPS通信探査装置でリサのスマホ位置を探ったが、 黄色シグナルで反応が薄い。 リョウガとヒトミが探査できない箇所若しくはその訳を見当し合って、 『マロニエ城・地下牢』 とした。 リョウガとヒトミとセレンは、 『マロニエ城』 に来る途中……セレンがエリサが十字架に掛けられたシャトーの幻を見る。 マロニエ城・何体櫓』 に何かあることをリョウガは知って……女専用入口の 『女体門』 からリサに化けて入ってみる……『伝説獣・シン』 の彫り物から何らかの力でリョウガは、 豪雪吹雪く極寒の地に誘われて、 深い谷間の対岸のシャトーに向かって進んでいる……豪雪が嘘のように止んで、 透き通るような水色のコスチュームのセレンが現れ何処かが……ロックアイス弾を放ち、 灼熱業のパンチを繰り出し、 光パウダーに散り場無瞬間移動を使った。 三種の業を同体が繰り出してきたことを、 ピューソン時にも使うことの出来る業で抵抗しつつ考える。 攻め立てる目的はフルフリーの意を呼び起こすことだ。 継ぎ接ぎ女の目的は、 利他的要因も絡んでのライドウリョウガを誘い出すことでもあったようだ。
 夜が来て『継ぎ接ぎ女』が……モンスターとなったことで、リョウガもフリーマンになった。空に飛ぶと、継ぎ接ぎ女が…エリサの翼を出して旋回に入る。飛行合戦の据え……見覚えのない部位を見付けらフリーマンは……ライトニングエナジースパークショット放って攻撃した。地に落ちた継ぎ接ぎ女伸す形から……継ぎ接ぎがなくなって……クリスタルボディのミックソン、 ミレ・ラーナスキーだった。 何者かに操られているかのようにミレ・ラーナスキーが吹雪を起こして、シャトーに向かうフリーマンの視界を奪う。 翼に攻撃を受けてしまったフリーマンは墜落する。 直ぐに直る翼が完治しないまま……深い谷間に落ちた後、 そこはマロニエ城の地下牢で、 フリーマンが解かれ……ライドウリョウガに戻っていた。 俺はまたリサに変化して 『伝説獣・シン』 が天井に描かれている夕暮れの 『女体門』 に向かうと、 リサを呼ぶ女が三人いて、ガマーズラボのお仲間で一緒に入る。 と、 不可思議な現象が女三人を襲って消えてしまった。 門の名からおどおどしい唸り声が……中に入ると、  シンのマリオネットの三羽三種のとり女がリサの恰好のライドウリョウガに攻撃をし続けている。 しつこい攻撃を電撃で止めた一瞬でフリーマンになったライドウリョウガは……高くジャンプした。
 ピンクとグリーンとキャメル色の鳥タイプミックモンが三位一体となり同化して、 操るシンの盾となっている。 フリラ女とフリーマンとなっているライドウリョウガが名付けた頭部のフラミンゴが槍となって腹を突き刺す。何故か完治しないフリーマンの意識が薄らいでいく。 死に向かうように困惑するフリーマンと鳴っているライドウリョウガ。 気を失う寸前の混沌の狭間の虫の息の中で、 自答問答する。 失われた意識の中で夢を見る。 夢遊状態から目覚めたライドウリョウガは、 頑固一徹、 一匹狼気質を継続する意を固める。
 珍しく、 フリーマンとなっているライドウリョウガはガマーズ部隊とコラボして、 未だ謎多き伝説獣シンの制圧に努めることにした。 Gビームにライトニングエナジービームを諂って三色とり女に放射する。そしてまた、 同様にコラボ業を向かわせる……ガマーズGジャイロとフリーマン。 ガマーズ部隊との共同戦線で、 三色とり女を元の姿に戻した。 姿だけだが……。 伝説獣シンは、ワームほー路の仲に潜んで、こちら世界に通じることが出来ると、フリーマンは仮説を立てて……この惑星全土に存在しているであろうワームホールを探ろうと、 ライトニングエナジーパワーを最大値まで充填し、 スペース空間から……例のシャトーを目掛けて降下した。 横手の窓からSWEYEで透視する……。




  ……ここから今回のstory……



   29

 ……透視したシャトー中は、従来の古城だ。 広いエントランスにいくつもの階段や大小様々な部屋の城壁、石を積んだり敷いたりと! が、ツンドラ地方に佇んでいるせいか、 冷たさが増している灯りも灯らない積雪と月光の外光のみのが薄明るく内部を各窓から取り入れて照らしている。
 アサシン……ジパン国の古き時代にいたとされる通称忍者の如く俺は……内鍵のないその窓を静かに開いて……侵入する。
 SWEYEのスケルンアイを特に意識して……上下左右を透かし見て、 何か変わった……潜り込んだ目的に相応しき箇所や動きをしている者がいないと、 探っている。 が、全く人気のない静かな古城にしかない。
 今の俺はピューソン・ライドウリョウガだ。 ま、 これでも身体能力は通常のピューソンアスリートでも比較にならない……正しく伝わっているとおりの忍者動きが際限なく可能だ。 フルフリーのDNAが半分は支配しているこの体が成せることだと俺は考えている。 が、 当のフルフリーは今も静かに……内なる声すら上げてはこない。 まあいい。 有り難い身体能力アップを……消えたりテレポーテーション……壁を擦り抜ける特殊な能力はないにしても、 例えば見上げた天井は推定十メートルの高さ! が、 ジャンプ一番で余裕で届いて、 然も天井の突起だった箇所を利用して張り付くことも余裕で出来る。 こういった箇所でのこの能力を発揮することをこれまでにしたことがなかった俺は、 この古城で試させても貰っている。 実戦能力確認も兼ねて。
 しっかし! 静かだ。 ピューソンの寝息すら何処からも聞こえはしない。 ま、 通常夜……深夜という時間帯は寝入っているものだ。 この城を観光スポットに強いるツワーガイドのコースを聞いたことはない。 ま、 こんな辺鄙な地に団体様を辿り着かせるすべも……考えもので料金も馬鹿高くなりそうだ。 へてして金持ちという輩は変なところへいって……土産話に鼻高々で自慢したがる者が多いと聞くが、 見栄えの華もない古城では見向きもされはしないのであろう……と、 俺は実感する。
 ま、巷に忘れ去られてしまった古城と、 言った感じがこみ上げてもくる俺だ。
 今は、 正面のでっかい玄関口から続く……エレファント! 象が数頭、 キリンが数頭でも収納可能な広さの吹き抜けエントランス! 外から見えた数本の塔のうちの一本の内部と言うことが察しがつく。 かくれんぼしながらここまで入ってきてみたが、 何も出てはこなそうだし……何か馬鹿らしくなってきていた俺だったので、 ど真ん中にデーンと立ち現れてやった。 が、 未だ難の歓迎もない……歓迎と言っても喜びあう方じゃなく……攻撃を受ける方のことだが……。
 スケルンアイは今も使用中だ! が、 生き物すら見えてこないこの視界! 息づかいさえもしかりだ。
 外の対岸……崖の向こうから外観を見たときもだったが、 化け物でも住んでいそうな感じがしたが……これだけあからさまに入れば見張り的何かにもうばれていても良さそうだが、 逆に真理を突かれているようにも感じられてきた……伝説獣シンの狙いは心理合戦か? が、 単なる俺の想像に過ぎない……妄想を抱いている暇があったら……もうそっと! 探ってみますか……今度は正々堂々と侵入させて頂くことにするがな。
 「ヒトミ、 セレン、 リサ……いるかあ?」 と、声も出して呼んでみる。
 が、 声が反響してむなしく消える。
 「ヒトミ、 セレン、 リサ……いるかあ?」 と、 もう一度……エントランスの階段を上がったところの小部屋が作れそうな踊り場の脇に閉じられた左右にある鉄扉が目に入って……向かって左の扉を……スケンルンアイで内部を探ってみる。 線対称なシャトーの内外と言うことを言い忘れていたが、 この扉に違和感を覚えた理由が分かった。 こちらの鉄扉は本物で、 あちらの鉄扉は所謂絵だ。
 俺はノブに指をかけて降ろし……すんなりと回ったので扉を、 脇の蝶番の向きから押してみた。
 連絡通路が……が、 絵だ! 正面の壁一面が絵で、 一寸したクロークと言った感じの小部屋がそこにはあるだけだった。
 「くそーなにかこのマンネリ感を打開する……あ、 そう言えばシャトー自体がその奥にもあった造形は……あれはなんだった……」と、 少し前の記憶を辿る……場所が場所だけに、 冷たさを感じてはいるるが、 建物内部ともあって外よりは些か増しだ。 ま、 この体がピューソンそのものであったなら厚手の毛柄コートなどの防寒着を必要とするところだが、 今の俺には全く必要としない。 感じるが、 身を肥やすことを知らずのミックソンなのだから……と、 石段を上がって、 俺は通路に出る……ま、 所謂廊下! 左右に繋がり所々には、 各部屋への扉が……点在している。 間隔はランダムだが……。






    ……次回お楽しみに……m(_ _)m



    ☆わたしの私感☆
   これから数十年後の巷にやってくるAIたち。
   労働者の友のなるか?
   敵となるかは貴方の知識しだいだ。



★誤字変換ミスによる文字化けがございましたら……悪しからず!


    by:音太浪 V(^_^)V



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント