So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.41 [HEART BOILED ☆ SF story]

   アダルズヒーロー・ヒューマンファンタジー
  HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3



                       鐘井音太浪
                                                               -netaro kanei-


 読者の皆様へ。 只今から週末小説はじめます! m(_ _)m
 ★全容を飛ばしたい方は、 下記の青色本編からどうぞ★


       プロローグ   

 この物語は、 フィクションだ。
 物語のステージになるこの惑星も俺の想像によるものだ。
 が、 何処かの太陽系第三惑星に有するものだったりするやもしれない。
 また、 固有の人物(生命体)名などが、 従来存在する名前と一致したとすれば    それは単なる偶然だ。
 ま、 しばし音太浪ワールドに付き合ってもらおう……ああ、 この物語を読むに当たってのアドバイスだ。 どこかに……地球という惑星が存在しているなら、 そこの常識を頑なに守りつつ読むのでは、 入り込み方が半減することを約束しておこう。 柔軟且つ白黒つけぬグレーゾーンをふんだんに維持し、 その狭間で楽しむことをお勧めする!
 物語展開は、 基本主な登場生命体、 つまり主役目線だ。 が、 ときより天の声も使う。
 では、 はじめよう……


       主な予備知識紹介   

ミックソン=レジェンズと呼ばれし半物質の特殊知的生命体とピューソンの融合生命体。 容姿は化け物。
レジェンズ=一般には触れることも見ることも出来ない特殊生命体。
ピューソン=何の特殊能力を持たない真人間。
ミックモン=邪な感情が頂点に達したとき、 身近な動植物と同化しその能力を持って実力行使する化け物。 力のあるミックモンやミックソンによって、 ピューソンをミックモン化することも可能。


   THE PARALLEL PLANET☆No.3!     STORYの序章   

 ★ ダーク(未知なる)レジェンズ十三柱の総合意思
     もういい! こんな無意味な世の中……
     我々はもう限界だ!
     ピューソンの知力を利用し……ミックモンを仕向けちゃいましょ!
     我々も同化できるベターハーフなピューソンを見付けようぞ!
     もう既に潜入している我ら以外のレジェンズやらの同士と……共に!
     ピューソン社会を一掃するんだ!
     うむ、 そうしてくれ!
     もう情状酌量の余地なしじゃな!?
     が、 中には救えるピューソンもいるやもしれん!
     なら、 まずは私が下部、 ダークレジェンズチームを……降臨致しましょう!
     引けをとったわね、 貴方にしては珍しく!
     ふっ、 俺様は勝手にいくぜ!
     相変わらず身勝手な奴だ……ライトニングレジェンズは!
 ……ああまってぇ~ライトニング様~ぁ! あたしもいくぅ……!

 この世からすれば絶する異空間での会合   
 それらはこの世を造り……生物をも誕生させた!
 が、 進化に伴い……人=ヒトガタ知的生命他の劇的な進化に戦いていたものの……
 その身勝手さに目を細めるようになっていた。
 そして、 ついに! 審判を問うことに……
 それまで、 異空間に    パラレルワールド化させたこの惑星のもう一つの世界を造り様子を窺っていた。
 が、 慈悲なる感情がないわけでもなく……十三柱のリーダーが、 現世に勧告した。
     ……パーフェクトオールレジェンズである! これより一カ年の期に……   
 まずは二柱のレジェンズが各々に動いた!


   ★ それは空気の澄んだヒンヤリする如月と呼ばれしある晩に……

 ピューソン側からすれば現世となる惑星に……レジェンズ側の半物質惑星が……
 ……そしてこの日、 その惑星は二分していたパラレルワールドがリンクした。


   ☆ リョウガのハートボイルドな決意

 もう思い残すことは何もない!
 すべてをこのときで変える    ハートボイルだなフリーランスライフだ!
 これまでいい子を演じてきた俺、 四十猶予の歳にして真なる一本立ちだ!
 妻子ある身を脱して    ここから先の生涯は、 其奴らを巻き込むことは様々危険だ!
 完全に縁を切り、 フルネームを改めた。
 俺の名は、 ペンネームどおりのライドウリョウガだ!
                            BY RYOUGA   


   理念、 HEART ・ BOILED ・ 7本柱とは……

 ☆己の意思(意志)決定により素直に言動する。
 ☆遊び心を持ったシンプルさへの追求心。
 ☆その外見に偏見を抱かない。
 ☆信じることの出来る精錬。
 ☆その分野の超人(高み)を目差す。
 ☆御節介はときより御法度!
 ☆結局、 自身らしく生きる。


   HEART-BOILED☆LEGEN'S Vol-1
  ハートボイルド★レジェンズ

  ファーストコンタクト! のおさらい

 俺(ライドウリョウガ)は、 この街の路地で奇怪な」ライトニングを喰らう。
 それは、 ライトニングエナジーレジェンズ・フルフリーそのもので、 ベターハーフとなるピューソンと融合するのが目的だった。
 この意までをも則ろうとするが、 俺は苛み、 其奴は何故か大人しくなった。
 俺は、 その新たなライフスタイルを、 好む女二人と営みはじめたところだ。
 直接危害がない限り、 他のことは 『どうでもいい!』 と言った思考の俺だ。
 が、 巷で噂のミックソンとなってしまったため、 アイスウーマンなどの数々のミックソンやミックモンと遭遇し、 やむなく関わってしまう。
 俺が掲げている理念 “ハートボイルド(七本柱)フリーランスライフを遂行している!


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-2
  ハートボイルド★レジェンズ

  THE DARK★LEGEN’S★MEN! のおさらい

 俺、 ライドウ・リョウガことフリーマン (ミックソン) は、 マテラ、 エリサ、 エルサ、 W・ナチとともに、 マロニエシティを襲ったローテンローゼン、 セントオオジョウシティを襲ったモングジラン少将をも何とか制圧して……場を納めた。
 ローテンローゼンもモングジラン少将も、 レジェンズ融合体の強敵だった。 が、 それらの真なる正体までは知るよしもない俺だ。 ま、 大方全世界からピューソンの一掃をミッションとし……ピューソンと同化するモンスターミックモンをも使ってピューソン一掃抹殺をこの惑星全域で遂行している……ようだ!
 が、 俺のテリトリー、 マロニエシティとフリーランスライフを犯してこなければ、 俺には関係ねえ。 ま、 どうでもいいこのだ!
 ま、 独りよがりか否かは一般の目線で勝手に評価していればいい……が、 どうしても意識してしまう俺にとっては “本物” 志向の……はっきり言っていい女らの身に何かが起きるか、 お強請りされれば関わざるおえないこともなくもない……かなあ~ぁ、 と言う意も出はじめてはいる俺でもある。



   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3
  ハートボイルド★レジェンズ

  イッツ リアリティ ザ・ピューソンズ・プラネット!


   0

 んが、 関わっちまったぜ。 マテラの正体を知ってしまったせいだ。
 マテラ、 マロニエシティ御当地ミックソンのマテラ・ディーチェの正体は、 俺がピューソン時の好むいい女の一人、 サキ・ヒトミだ。
 そんな関係の女にせがまれ……お強請りされれば嫌とも言う間もない一つ返事の 「ん!」 と首を縦に、 勝手に反応してしまう俺だ。 四十の男でも……自ら得たなら性格って言う奴を変更することもあるさ! ブレるのとは違う。 固有生命体的進歩……学習だ。
 今夜のお相手ミックモンは五体だった。 牛に馬に豚に鶏……何故かトラ! これらが同化したミックモンの化け物をマテラ、 アイスウーマンのエルサ、 そして俺で……と、 途中からあのメタワンコのホドガケ運ちゃんも手を貸してくれて……マロニエシティ・中央区マロニエ社(やしろ)前大広場は、 ある意味大にぎわいになった。 が、 ファイヤーイーグルのエリサもW・ナチは姿を現さなかった。 ま、 いい。 其奴の勝手で。 事情って言う奴もあるし、 俺はまだ、 W・ナチの性格って言う奴を深くは知り得てはいない。 勝手に思いこめば偏見になる。 俺の一番嫌いな……己の見ていない世界観を勝手に決めつけ判断してしまう……は、 偏見を抱く! ってなことだ。 俺も此奴で……協調性主義集団からの集中砲火を浴び続けていた時代もあった。 そのころは単なるピューソン男の……少し古い言葉だが……チョベリ男で単なるカッコツケマン! 中身が伴わない本当の意味での伊達カラースーツ好き男だった。 ま、 ジャケットを羽織ることへの憧れを実行していただけだ。 が、 周囲の目はそんな感じの視線が多かった様な気がしている。 はっきり弄って来てくれる者は少なかったが、 意を言葉にしてくれる奴はありがたい。 こちらの意を真に伝える機会を与えてくれる。 が、 影でゴチャゴチャ……明らかなる極寒な視線ながら影でゴチャゴチャは、 其奴らの意見をはっきりと汲めないので対処の使用もない……で、 勝手にこちらを、 はっきり言って仲間の輪からお外しあらされる。 協調性のない奴とレッテルを貼りやがる。
 で、 俺はよく知りもしない……且つ、 この目に見ることの出来ない影の大いなる世界観に対する身勝手な想像をすることを止めたんだ! したら、 すんごく気が楽になったんだ。 職業柄、 フィクションはライターとして描くが、 俺に知り得ない……目にも出来ない影の世界観を事実としては勝手に決めつけ講じない! と言うことを止めたと言っている。 言葉って言う奴も、 時頼厄介で、 その者の生い立ち……今日(こんにち)に至るまでの環境の差の価値観等々で……違って当然なのに……自身が身に着けた感覚で相手の放った言葉を読み解くが……そこに大きな落とし穴が存在していることを考え……思いつきもしない。 だから、 つまらない言い争いが生じるのだと俺は勝手に思っている。 同種の意味でとらえてはいるのだが……ニュワンス違いでズレてしまっていることにも気がつかず……掛け違えているだけなのに! 互いが釈然としない顔をしつつも……わかりあった振りして表情を繕っている光景を、 俺も幾度か目撃しているような気がする。 ま、 んな訳で俺は 偏見 っていう奴を抱くにはよく知った上か、 ファーストインスピレーションの所謂 『生理的気持ち悪さ』 っていうことでのどちらかだ。 後者のケースは俺の感覚では稀だが……どうしてもその外見を受け入れられない者が……たま~に出現する。 ま、 ☆その外見に偏見を抱かない☆ を理念テーマに掲げてはいるが、 このキャパオーバーな逸材も稀に出現してしまう……本にこの世はまだまだ底知れぬ……まあ、 いちピューソン男だった俺では止む追えまい。 が、 今はライトニング・エナジー・レジェンズのフルフリーとの融合知的生命体・ミックソンでフリーマンと名乗っている俺だ。
 で、 昨今のこのシティ……今夜も植物と同化したミックモンが出現しなかった、 と言うことは……プラント(植物)エナジーレジェンズのローテンローゼンが関わってはいないようだ。
 月光を背に俺はフリーマンに姿で……上空推定一千メートルをホバリング中だ。 テプラノドンの翼似の大翼をゆったりと羽ばたかせ……SWアイを駆使して下界を見下ろしている。
 SWアイとはこの目の特殊な能力で、 フルフリーとの融合で備わった能力だ。 千里眼の如く、 何処までも拡大フォーカス可能な視野力……それはまるでライフル銃などで使用するオシロスコープの如しだ。 もう一つ特殊能力があり……生命体以外の内部……つまり、 ピューソンの手によってつくられた建物や道路、 衣類に機器類の内部などを透かし見ることが出来る。 が、 例えば街路樹内部の根幹や年輪……マテラやエルサのコスチュームの中のオッパイや小股を透かし見ることは出来ない。 コスチュームを装ってはいるが、 あれらは何れも皮膚変化によるもので、 要するにすっぽんぽん状態の裸で皮膚を衣類に変化させ……ま、 カムフラージュしている。 俺もそれは出来る。 俺がピューソン時に好むクロウズのジャケットも皮膚変化で再現できる。 そのリアルさときたらしっぽりと触れない限りそのもので可成りの完成度だ。 で、 この目の能力に戻すが、 スコープのSとスケルンアイのSのダブルの能力と言うことで、 SWEYEだ。 今はもうコントロールは自然と勝手に……生まれた赤ん坊が……やがてはいはいをして……つかまり立ちをして……よちよち歩き出して……もうすっかりいつの間にか二足歩行で当然の如く歩くのと同様な日常的身体能力だ。
 ……下では、 マテラがガマーズ隊員らと……現場処理を行っている。
 マテラの正体は、 俺の女、 サキ・ヒトミ! で、 ヒトミはマロニエTVのガマーズ専属リポーターでもある。 その正体を知らないうちは単なる化け物見たさの好奇心旺盛主義な性格が度を超してのことかと思ってもいたが、 御当地ミックソン・マテラでは、 いち早い情報源を! と言った考えからも……俺の勝手な想像の推測だが……大方であろう。 ヒトミとは完全男女の仲で……出会って、 好感の意志交換をはっきりとして以来の五年以上に渡る間柄だ。 俺が勝手にどう想像してしまったとしても……得意のヒトミーズ・フラッシュ・スマイルを満面に頌え! 「もうリョウガさんったら……ふふっ」 と、 肯定否定もはっきりと意思表示してくれると、 確信できたしまう。 古から伝わる巫女衣装と陣羽織を足しで二分した白地に朱色の縁取りを施しているコスチュームだ。 得意の業はアローだ。
 で、 ガマーズとは、 G=グローバル・A=アンチ・M=モンスターオブ・R=レンジャーズSー複数のSで、 GAMRS=ガマーズの愛称部隊だ。
 ……エルサも正体を知っている。 嘗ては的として俺の前に出現した。 俺が行きつけのカフェ……マロニエシティ・北区にある “カフェテラス” と言う名のカフェのバイトの自称女子大生の通称ナミーちゃんとデートでいった映画館上映中に……いきなり客席をその業で襲ってきた。 攻撃の衝撃でナミーちゃん気絶後に、 俺は止む追えずフリーマンになった。 それをエルサに目撃されてしまっていたため……もう言い逃れなんてダサイ言い訳はしない主義の俺は、 正々堂々と認めた。 ま、 ことを終えたのちに……何故かセックスを伴ういきなりのお付き合いが……俺も拒むことなく……エルサも積極的に……行為に及んでしまって以来の男女の仲だ。 ヒトミも、 もう一人の同棲女のリサも、 すんなりと受け入れて今ではピューソン時はいい女らを相手にライフワークを営んでいる俺だ。 いい女の方からもその好意を露わに来てくれているのだから何処に拒まざる理由がある? と、 俺はよき言い方なら……三名の彼女がいる。 コピーピューソンではあり得ないので……魅惑の魅力が当然の如く違う。
 おおっと! 間もなく夜が明けそうだ! 俺たちミックソンは、 恒星の光を浴びると消滅してしまう。 少しだけ実感を得たことがある俺だ。 どうして恒星の光に影響するのかは知らないが……俺は退散する。
 「デュワッ!」 と、 マロコン屋上に、 無音の青きライトニングとなって、 急降下する。


   1から39 (の粗筋)

 フリーマンを解いて……マロコン屋上に舞い戻ったライドウ・リョウガに、 いきなりの出現した白トラ柄のコスチューム戦闘軍服ボディで背からゴールデン・コンドルの羽の生えているあの “トラコウ” のシルエットが声明を告げて消えた。
 リョウガは、 どうでもいいことなので気にもとめず302号室に帰る。 リサはいなかったがセレン・コールマンが来て、 サキ・ヒトミも加わって、 互いに求め合い “まったりエロスワールドを展開し、 満喫すると何故かエナジーパワーがマックスチャージされる。 ヒトミもセレンもリョウガの正体を知っている。
 いつになくリサが帰ってこないことを不審に思ったヒトミとセレンとリョウガは、マロニエシティのめぼしい箇所を捜す。 『マロニエ城・地下牢』 で、 ヒトミとセレンもいなくなる。 更なる不審を募らせてリョウガは、 『マロニエ城・女体門』 からリサに化けて入ってみる……『伝説獣・シン』 の彫り物から何らかの力でリョウガは、 豪雪吹雪く極寒の地に誘われて、 深い谷間の対岸のシャトーに向かう。 が、 『継ぎ接ぎ女』に遭遇し、 攻撃を受ける。 対処するフリーマンだが、 攻撃に破れ……谷のみを投じて逃げる。
 落ちたそこはマロニエ城の地下牢で、 フリーマンが解かれ……ライドウリョウガに戻っていた。 俺はまたリサに変化して 『伝説獣・シン』 が天井に描かれている夕暮れの 『女体門』 に向かうと、 リサを呼ぶ女が三人いて、 ガマーズラボのお仲間と一緒に入る。 と、 不可思議な現象が女三人を襲って消えてしまう。 門の中からおどおどしい唸り声がしてシンのマリオネットの三羽三種のとり女がリサの恰好のライドウリョウガに襲いかかる。 フリーマンになったライドウリョウガは策を練って高くジャンプした。
 ピンクとグリーンとキャメル色の鳥タイプミックモンが三位一体となり同化した『フリラ女』 を操るシンの盾となる。 手を出せないでいるフリーマンは致命傷となる外傷を負ってしまい……心理的にも困惑し追い込まれるフリーマン。 気を失う寸前の混沌の狭間の虫の息の中で、 自答問答する。 失われた意識の中で夢を見る。 夢遊状態から目覚めたライドウリョウガは、 頑固一徹、 一匹狼気質を継続する意を固める。
 珍しくフリーマンがガマーズ部隊とコラボして、 『三色とり女』を対処して自体を納める。 が、 伝説獣シンは、ワームホールに潜んでこちら世界に通じることが出来ると、 フリーマンは仮説を立てて……この惑星全土に存在しているであろうワームホールを探ろうと、 ライトニングエナジーパワーを最大値まで充填し、 スペース空間から……例のシャトーを目掛けて降下した。 予期せぬ攻撃を警戒しつつライドウリョウガは、シャトー内に侵入する。が、 何人たりとも遭遇することなく……二階まで侵入した。 単なる古いシャトーの一室で遂に動きがあった。 マテラの絵がゆっくりと3Dとなって浮き上がってくる。
 VSマテラの戦いがはじまって、 ライドウリョウガはフリーマンになることなく……マテラのゴールドアローの攻撃を見舞う。 一発脇腹に喰らってしまう。 激痛を覚えたライドウリョウガは、 今戦っているマテラが正気でないことを悟り……まずは本物か否かを確かめるべくフリーマンとなって高じた柵を実行する。
 心理的に追い込まれていたフリーマンことライドウリョウガだったが、 「さしものマテラ、 エリサ同様に命いっぱいやっても平気なはず」 と結論つけて挑むことを決意したフリーマンだったが、 ゴールデンアローの効力は……金色スパンコール色に変色しはじめている傷口。 「カマイタチ!」 にも似た傷を負いつつマテラを正気に戻す方法を考える。 フリーマンは、 ショットを頭部に左右の鰭に狭間から放つことを思う立ち、 実行した。
 マテラの頭上を飛んでいる最中に……矢継ぎ早に頭部からのショットを放ち攻撃変化つけて仕掛けはじめたフリーマンだ。 マテラからのゴールデンアロー攻撃も継続されているさなが、 その腰から帯紐が二本垂れて床を引きずっていることに気づきフリーマンは頭部からのショットを、 二本の帯に……焦点を合わせる。
 フリーマンは、マテラに繋がっている対の帯を掴んで、 『ライトニングエナジースパークハンディングラーニング』 の電撃エナジーを流し帯を引っ張る。 正気に戻ったマテラの協力もあって、 遂に伝説獣シンを露わにした。フリーマンは最大値のエナジーを注ぎ続け……パワーダウン。 して、 マテラがシンに対して攻撃を転じる……。





  ……ここから今回のstory……



   40

 まずは、 青白きアローが俺に命中する。 こんな状態では避けるに避ける術もなく。
 が、 「お!」 無気力間近の状態から……立ち上がることが出来る体力状態になった。

 目の前では、 シンに目掛けて……マテラが戦っている……

金色の輝き粒子パウダーに包まれ消え! 伝説獣シンに距離をとってはゴールデンアローを放ったかと思うと!
 また金色粒子に包まれ……シンの目深に現れてはゴールデン弓の両端の甲の刀で斬りつける!
 と、 繰り返してマテラが完全有利に攻撃展開しているのが窺える。
 「リョウ……あ、 フリーマンさん。 踊り場の絵のドアを押してみて。 取っ手のない方を押すと開くわ、 ワームホールが、 ふふっ」
 と、 マテラ……正体のサキヒトミの安心するいつもの笑い癖!
 伝説獣シンに対するマテラの攻撃が有効に効いている……安定して……マテラが活き活きと戦っていることに真の余裕すら感じ取れる。
 「ああ、 分かった。 絵のドアだな」
 と、 俺は踊り場へと……背にした背後の戦いから……聞こえてきた。
 「さあ、 シンさん。 仕上げよ、 ふふっ」
 マテラの新たなる……まだこの目で見ぬ色のアロー業なのか? それとも……と、 俺は振り向きSWEYEを発動するが、 集中力を欠いているせいか? 古城の壁を透視できない。 マテラの言ったことを実行すべく急ぐ。 後ろ髪引かれる多少の思いを浮かべながら……さっき来た、 大階段の踊り場の対のドアの片方が確かに絵のドアがあったことをマテラに言われた瞬間にこの脳裏に思い描いた俺だ。 他に描かれたドアが存在しているとするならば……その説明も俺にするはずだ。
 真にいつものヒトミに戻っている。 あの緩い感じの緊張感顔は見間違えようもない俺だ。 リサ同様にヒトミ……サキヒトミとも……男女の仲……はっきり言って肉体関係をも充分に堪能しまくっている仲の男女間にしても超越した位置にある関係性の俺とヒトミだ。







   ……次回お楽しみに……m(_ _)m



   ☆わたしの私感☆
  例えば!
  目の前にSEXOKな美人(若しくはこちらが女なら美男)がいる。
  そそるように服を脱いで迫ってくる。
  仮に既婚者の身であり、
  このまま抱き合えば不倫!
  が、
  離婚するまで待ってとも言えるわけはなく……
  ほんの数秒間に善悪の葛藤がはじまる。
  貴方の本音はどうする?



★誤字変換ミスによる文字化けがございましたら……悪しからず!


   by:音太浪 V(^_^)V



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.夏休みm(_ _)m [お詫び!m(_ _)m]

働き方改革ではございませんが、わけあって、HEART-BOILED☆LEGEN'S-3のall_series_vol.40は次週お送りします。

このストーリーは土日(48時間)で即席創作をモットーとして描いております。

が、今回描いたストーリーは内容的に不十分と、自己判断し、やむを得ずお休みといたしました。

次週の日曜日には、HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.40をお送りいたします。

ま、「個人のブログなのだから……」とおっしゃる方もいらっしゃいましょうが、己のケジメとしてここに記します。


 次回、お楽しみに・・・・・・!(^^)!


     by 音太浪

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.40

   アダルズヒーロー・ヒューマンファンタジー
  HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3


                        鐘井音太浪
                                                                -netaro kanei-


 読者の皆様へ。 只今から週末小説はじめます! m(_ _)m
 ★全容を飛ばしたい方は、 下記の青色本編からどうぞ★


       プロローグ   

 この物語は、 フィクションだ。
 物語のステージになるこの惑星も俺の想像によるものだ。
 が、 何処かの太陽系第三惑星に有するものだったりするやもしれない。
 また、 固有の人物(生命体)名などが、 従来存在する名前と一致したとすれば    それは単なる偶然だ。
 ま、 しばし音太浪ワールドに付き合ってもらおう……ああ、 この物語を読むに当たってのアドバイスだ。 どこかに……地球という惑星が存在しているなら、 そこの常識を頑なに守りつつ読むのでは、 入り込み方が半減することを約束しておこう。 柔軟且つ白黒つけぬグレーゾーンをふんだんに維持し、 その狭間で楽しむことをお勧めする!
 物語展開は、 基本主な登場生命体、 つまり主役目線だ。 が、 ときより天の声も使う。
 では、 はじめよう……


       主な予備知識紹介   

ミックソン=レジェンズと呼ばれし半物質の特殊知的生命体とピューソンの融合生命体。 容姿は化け物。
レジェンズ=一般には触れることも見ることも出来ない特殊生命体。
ピューソン=何の特殊能力を持たない真人間。
ミックモン=邪な感情が頂点に達したとき、 身近な動植物と同化しその能力を持って実力行使する化け物。 力のあるミックモンやミックソンによって、 ピューソンをミックモン化することも可能。


   THE PARALLEL PLANET☆No.3!     STORYの序章   

 ★ ダーク(未知なる)レジェンズ十三柱の総合意思
     もういい! こんな無意味な世の中……
     我々はもう限界だ!
     ピューソンの知力を利用し……ミックモンを仕向けちゃいましょ!
     我々も同化できるベターハーフなピューソンを見付けようぞ!
     もう既に潜入している我ら以外のレジェンズやらの同士と……共に!
     ピューソン社会を一掃するんだ!
     うむ、 そうしてくれ!
     もう情状酌量の余地なしじゃな!?
     が、 中には救えるピューソンもいるやもしれん!
     なら、 まずは私が下部、 ダークレジェンズチームを……降臨致しましょう!
     引けをとったわね、 貴方にしては珍しく!
     ふっ、 俺様は勝手にいくぜ!
     相変わらず身勝手な奴だ……ライトニングレジェンズは!
 ……ああまってぇ~ライトニング様~ぁ! あたしもいくぅ……!

 この世からすれば絶する異空間での会合   
 それらはこの世を造り……生物をも誕生させた!
 が、 進化に伴い……人=ヒトガタ知的生命他の劇的な進化に戦いていたものの……
 その身勝手さに目を細めるようになっていた。
 そして、 ついに! 審判を問うことに……
 それまで、 異空間に    パラレルワールド化させたこの惑星のもう一つの世界を造り様子を窺っていた。
 が、 慈悲なる感情がないわけでもなく……十三柱のリーダーが、 現世に勧告した。
     ……パーフェクトオールレジェンズである! これより一カ年の期に……   
 まずは二柱のレジェンズが各々に動いた!


   ★ それは空気の澄んだヒンヤリする如月と呼ばれしある晩に……

 ピューソン側からすれば現世となる惑星に……レジェンズ側の半物質惑星が……
 ……そしてこの日、 その惑星は二分していたパラレルワールドがリンクした。


   ☆ リョウガのハートボイルドな決意

 もう思い残すことは何もない!
 すべてをこのときで変える    ハートボイルだなフリーランスライフだ!
 これまでいい子を演じてきた俺、 四十猶予の歳にして真なる一本立ちだ!
 妻子ある身を脱して    ここから先の生涯は、 其奴らを巻き込むことは様々危険だ!
 完全に縁を切り、 フルネームを改めた。
 俺の名は、 ペンネームどおりのライドウリョウガだ!
                            BY RYOUGA   


   理念、 HEART ・ BOILED ・ 7本柱とは……

  ☆己の意思(意志)決定により素直に言動する。
  ☆遊び心を持ったシンプルさへの追求心。
  ☆その外見に偏見を抱かない。
  ☆信じることの出来る精錬。
  ☆その分野の超人(高み)を目差す。
  ☆御節介はときより御法度!
  ☆結局、 自身らしく生きる。


   HEART-BOILED☆LEGEN'S Vol-1
  ハートボイルド★レジェンズ

  ファーストコンタクト! のおさらい

 俺(ライドウリョウガ)は、 この街の路地で奇怪な」ライトニングを喰らう。
 それは、 ライトニングエナジーレジェンズ・フルフリーそのもので、 ベターハーフとなるピューソンと融合するのが目的だった。
 この意までをも則ろうとするが、 俺は苛み、 其奴は何故か大人しくなった。
 俺は、 その新たなライフスタイルを、 好む女二人と営みはじめたところだ。
 直接危害がない限り、 他のことは 『どうでもいい!』 と言った思考の俺だ。
 が、 巷で噂のミックソンとなってしまったため、 アイスウーマンなどの数々のミックソンやミックモンと遭遇し、 やむなく関わってしまう。
 俺が掲げている理念 “ハートボイルド(七本柱)フリーランスライフを遂行している!


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-2
  ハートボイルド★レジェンズ

  THE DARK★LEGEN’S★MEN! のおさらい

 俺、 ライドウ・リョウガことフリーマン (ミックソン) は、 マテラ、 エリサ、 エルサ、 W・ナチとともに、 マロニエシティを襲ったローテンローゼン、 セントオオジョウシティを襲ったモングジラン少将をも何とか制圧して……場を納めた。
 ローテンローゼンもモングジラン少将も、 レジェンズ融合体の強敵だった。 が、 それらの真なる正体までは知るよしもない俺だ。 ま、 大方全世界からピューソンの一掃をミッションとし……ピューソンと同化するモンスターミックモンをも使ってピューソン一掃抹殺をこの惑星全域で遂行している……ようだ!
 が、 俺のテリトリー、 マロニエシティとフリーランスライフを犯してこなければ、 俺には関係ねえ。 ま、 どうでもいいこのだ!
 ま、 独りよがりか否かは一般の目線で勝手に評価していればいい……が、 どうしても意識してしまう俺にとっては “本物” 志向の……はっきり言っていい女らの身に何かが起きるか、 お強請りされれば関わざるおえないこともなくもない……かなあ~ぁ、 と言う意も出はじめてはいる俺でもある。



   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3
  ハートボイルド★レジェンズ

  イッツ リアリティ ザ・ピューソンズ・プラネット!


   0

 んが、 関わっちまったぜ。 マテラの正体を知ってしまったせいだ。
 マテラ、 マロニエシティ御当地ミックソンのマテラ・ディーチェの正体は、 俺がピューソン時の好むいい女の一人、 サキ・ヒトミだ。
 そんな関係の女にせがまれ……お強請りされれば嫌とも言う間もない一つ返事の 「ん!」 と首を縦に、 勝手に反応してしまう俺だ。 四十の男でも……自ら得たなら性格って言う奴を変更することもあるさ! ブレるのとは違う。 固有生命体的進歩……学習だ。
 今夜のお相手ミックモンは五体だった。 牛に馬に豚に鶏……何故かトラ! これらが同化したミックモンの化け物をマテラ、 アイスウーマンのエルサ、 そして俺で……と、 途中からあのメタワンコのホドガケ運ちゃんも手を貸してくれて……マロニエシティ・中央区マロニエ社(やしろ)前大広場は、 ある意味大にぎわいになった。 が、 ファイヤーイーグルのエリサもW・ナチは姿を現さなかった。 ま、 いい。 其奴の勝手で。 事情って言う奴もあるし、 俺はまだ、 W・ナチの性格って言う奴を深くは知り得てはいない。 勝手に思いこめば偏見になる。 俺の一番嫌いな……己の見ていない世界観を勝手に決めつけ判断してしまう……は、 偏見を抱く! ってなことだ。 俺も此奴で……協調性主義集団からの集中砲火を浴び続けていた時代もあった。 そのころは単なるピューソン男の……少し古い言葉だが……チョベリ男で単なるカッコツケマン! 中身が伴わない本当の意味での伊達カラースーツ好き男だった。 ま、 ジャケットを羽織ることへの憧れを実行していただけだ。 が、 周囲の目はそんな感じの視線が多かった様な気がしている。 はっきり弄って来てくれる者は少なかったが、 意を言葉にしてくれる奴はありがたい。 こちらの意を真に伝える機会を与えてくれる。 が、 影でゴチャゴチャ……明らかなる極寒な視線ながら影でゴチャゴチャは、 其奴らの意見をはっきりと汲めないので対処の使用もない……で、 勝手にこちらを、 はっきり言って仲間の輪からお外しあらされる。 協調性のない奴とレッテルを貼りやがる。
 で、 俺はよく知りもしない……且つ、 この目に見ることの出来ない影の大いなる世界観に対する身勝手な想像をすることを止めたんだ! したら、 すんごく気が楽になったんだ。 職業柄、 フィクションはライターとして描くが、 俺に知り得ない……目にも出来ない影の世界観を事実としては勝手に決めつけ講じない! と言うことを止めたと言っている。 言葉って言う奴も、 時頼厄介で、 その者の生い立ち……今日(こんにち)に至るまでの環境の差の価値観等々で……違って当然なのに……自身が身に着けた感覚で相手の放った言葉を読み解くが……そこに大きな落とし穴が存在していることを考え……思いつきもしない。 だから、 つまらない言い争いが生じるのだと俺は勝手に思っている。 同種の意味でとらえてはいるのだが……ニュワンス違いでズレてしまっていることにも気がつかず……掛け違えているだけなのに! 互いが釈然としない顔をしつつも……わかりあった振りして表情を繕っている光景を、 俺も幾度か目撃しているような気がする。 ま、 んな訳で俺は 偏見 っていう奴を抱くにはよく知った上か、 ファーストインスピレーションの所謂 『生理的気持ち悪さ』 っていうことでのどちらかだ。 後者のケースは俺の感覚では稀だが……どうしてもその外見を受け入れられない者が……たま~に出現する。 ま、 ☆その外見に偏見を抱かない☆ を理念テーマに掲げてはいるが、 このキャパオーバーな逸材も稀に出現してしまう……本にこの世はまだまだ底知れぬ……まあ、 いちピューソン男だった俺では止む追えまい。 が、 今はライトニング・エナジー・レジェンズのフルフリーとの融合知的生命体・ミックソンでフリーマンと名乗っている俺だ。
 で、 昨今のこのシティ……今夜も植物と同化したミックモンが出現しなかった、 と言うことは……プラント(植物)エナジーレジェンズのローテンローゼンが関わってはいないようだ。
 月光を背に俺はフリーマンに姿で……上空推定一千メートルをホバリング中だ。 テプラノドンの翼似の大翼をゆったりと羽ばたかせ……SWアイを駆使して下界を見下ろしている。
 SWアイとはこの目の特殊な能力で、 フルフリーとの融合で備わった能力だ。 千里眼の如く、 何処までも拡大フォーカス可能な視野力……それはまるでライフル銃などで使用するオシロスコープの如しだ。 もう一つ特殊能力があり……生命体以外の内部……つまり、 ピューソンの手によってつくられた建物や道路、 衣類に機器類の内部などを透かし見ることが出来る。 が、 例えば街路樹内部の根幹や年輪……マテラやエルサのコスチュームの中のオッパイや小股を透かし見ることは出来ない。 コスチュームを装ってはいるが、 あれらは何れも皮膚変化によるもので、 要するにすっぽんぽん状態の裸で皮膚を衣類に変化させ……ま、 カムフラージュしている。 俺もそれは出来る。 俺がピューソン時に好むクロウズのジャケットも皮膚変化で再現できる。 そのリアルさときたらしっぽりと触れない限りそのもので可成りの完成度だ。 で、 この目の能力に戻すが、 スコープのSとスケルンアイのSのダブルの能力と言うことで、 SWEYEだ。 今はもうコントロールは自然と勝手に……生まれた赤ん坊が……やがてはいはいをして……つかまり立ちをして……よちよち歩き出して……もうすっかりいつの間にか二足歩行で当然の如く歩くのと同様な日常的身体能力だ。
 ……下では、 マテラがガマーズ隊員らと……現場処理を行っている。
 マテラの正体は、 俺の女、 サキ・ヒトミ! で、 ヒトミはマロニエTVのガマーズ専属リポーターでもある。 その正体を知らないうちは単なる化け物見たさの好奇心旺盛主義な性格が度を超してのことかと思ってもいたが、 御当地ミックソン・マテラでは、 いち早い情報源を! と言った考えからも……俺の勝手な想像の推測だが……大方であろう。 ヒトミとは完全男女の仲で……出会って、 好感の意志交換をはっきりとして以来の五年以上に渡る間柄だ。 俺が勝手にどう想像してしまったとしても……得意のヒトミーズ・フラッシュ・スマイルを満面に頌え! 「もうリョウガさんったら……ふふっ」 と、 肯定否定もはっきりと意思表示してくれると、 確信できたしまう。 古から伝わる巫女衣装と陣羽織を足しで二分した白地に朱色の縁取りを施しているコスチュームだ。 得意の業はアローだ。
 で、 ガマーズとは、 G=グローバル・A=アンチ・M=モンスターオブ・R=レンジャーズSー複数のSで、 GAMRS=ガマーズの愛称部隊だ。
 ……エルサも正体を知っている。 嘗ては的として俺の前に出現した。 俺が行きつけのカフェ……マロニエシティ・北区にある “カフェテラス” と言う名のカフェのバイトの自称女子大生の通称ナミーちゃんとデートでいった映画館上映中に……いきなり客席をその業で襲ってきた。 攻撃の衝撃でナミーちゃん気絶後に、 俺は止む追えずフリーマンになった。 それをエルサに目撃されてしまっていたため……もう言い逃れなんてダサイ言い訳はしない主義の俺は、 正々堂々と認めた。 ま、 ことを終えたのちに……何故かセックスを伴ういきなりのお付き合いが……俺も拒むことなく……エルサも積極的に……行為に及んでしまって以来の男女の仲だ。 ヒトミも、 もう一人の同棲女のリサも、 すんなりと受け入れて今ではピューソン時はいい女らを相手にライフワークを営んでいる俺だ。 いい女の方からもその好意を露わに来てくれているのだから何処に拒まざる理由がある? と、 俺はよき言い方なら……三名の彼女がいる。 コピーピューソンではあり得ないので……魅惑の魅力が当然の如く違う。
 おおっと! 間もなく夜が明けそうだ! 俺たちミックソンは、 恒星の光を浴びると消滅してしまう。 少しだけ実感を得たことがある俺だ。 どうして恒星の光に影響するのかは知らないが……俺は退散する。
 「デュワッ!」 と、 マロコン屋上に、 無音の青きライトニングとなって、 急降下する。


   1から38 (の粗筋)

 フリーマンを解いて……マロコン屋上に舞い戻ったライドウ・リョウガに、 いきなりの出現した白トラ柄のコスチューム戦闘軍服ボディで背からゴールデン・コンドルの羽の生えているあの “トラコウ” のシルエットが声明を告げて消えた。
 リョウガは、 どうでもいいことなので気にもとめず302号室に帰る。 リサはいなかったがセレン・コールマンが来て、 サキ・ヒトミも加わって、 互いに求め合い “まったりエロスワールドを展開し、 満喫すると何故かエナジーパワーがマックスチャージされる。 ヒトミもセレンもリョウガの正体を知っている。
 いつになくリサが帰ってこないことを不審に思ったヒトミとセレンとリョウガは、マロニエシティのめぼしい箇所を捜す。 『マロニエ城・地下牢』 で、 ヒトミとセレンもいなくなる。 更なる不審を募らせてリョウガは、 『マロニエ城・女体門』 からリサに化けて入ってみる……『伝説獣・シン』 の彫り物から何らかの力でリョウガは、 豪雪吹雪く極寒の地に誘われて、 深い谷間の対岸のシャトーに向かう。 が、 『継ぎ接ぎ女』に遭遇し、 攻撃を受ける。 対処するフリーマンだが、 攻撃に破れ……谷のみを投じて逃げる。
 落ちたそこはマロニエ城の地下牢で、 フリーマンが解かれ……ライドウリョウガに戻っていた。 俺はまたリサに変化して 『伝説獣・シン』 が天井に描かれている夕暮れの 『女体門』 に向かうと、 リサを呼ぶ女が三人いて、 ガマーズラボのお仲間と一緒に入る。 と、 不可思議な現象が女三人を襲って消えてしまう。 門の中からおどおどしい唸り声がしてシンのマリオネットの三羽三種のとり女がリサの恰好のライドウリョウガに襲いかかる。 フリーマンになったライドウリョウガは策を練って高くジャンプした。
 ピンクとグリーンとキャメル色の鳥タイプミックモンが三位一体となり同化した『フリラ女』 を操るシンの盾となる。 手を出せないでいるフリーマンは致命傷となる外傷を負ってしまい……心理的にも困惑し追い込まれるフリーマン。 気を失う寸前の混沌の狭間の虫の息の中で、 自答問答する。 失われた意識の中で夢を見る。 夢遊状態から目覚めたライドウリョウガは、 頑固一徹、 一匹狼気質を継続する意を固める。
 珍しくフリーマンがガマーズ部隊とコラボして、 『三色とり女』を対処して自体を納める。 が、 伝説獣シンは、ワームホールに潜んでこちら世界に通じることが出来ると、 フリーマンは仮説を立てて……この惑星全土に存在しているであろうワームホールを探ろうと、 ライトニングエナジーパワーを最大値まで充填し、 スペース空間から……例のシャトーを目掛けて降下した。 予期せぬ攻撃を警戒しつつライドウリョウガは、シャトー内に侵入する。が、 何人たりとも遭遇することなく……二階まで侵入した。 単なる古いシャトーの一室で遂に動きがあった。 マテラの絵がゆっくりと3Dとなって浮き上がってくる。
 VSマテラの戦いがはじまって、 ライドウリョウガはフリーマンになることなく……マテラのゴールドアローの攻撃を見舞う。 一発脇腹に喰らってしまう。 激痛を覚えたライドウリョウガは、 今戦っているマテラが正気でないことを悟り……まずは本物か否かを確かめるべくフリーマンとなって高じた柵を実行する。
 心理的に追い込まれていたフリーマンことライドウリョウガだったが、 「さしものマテラ、 エリサ同様に命いっぱいやっても平気なはず」 と結論つけて挑むことを決意したフリーマンだったが、 ゴールデンアローの効力は……金色スパンコール色に変色しはじめている傷口。 「カマイタチ!」 にも似た傷を負いつつマテラを正気に戻す方法を考える。 フリーマンは、 ショットを頭部に左右の鰭に狭間から放つことを思う立ち、 実行した。

 マテラの頭上を飛んでいる最中に……矢継ぎ早に頭部からのショットを放ち攻撃変化つけて仕掛けはじめたフリーマンだ。 マテラからのゴールデンアロー攻撃も継続されているさなが、 その腰から帯紐が二本垂れて床を引きずっていることに気づきフリーマンは頭部からのショットを、 二本の帯に……焦点を合わせる。
 フリーマンは、マテラに繋がっている対の帯を掴んで、 『ライトニングエナジースパークハンディングラーニング』 の電撃エナジーを流しつつ……帯を引っ張る。 マテラ絵のリスクはマテラ自身が何とかすると信じて……。



  ……ここから今回のstory……



   39

 ゴールデンの輝きを最大限の如くはなったマテラは、 その輝きと共に……ショートテレポーテーションして、 俺が伝える電撃地場から逃れる。
 俺は崩れ落ちるように、 倒れて、 虫の息になる……が、 掴んだ二本の帯を死んでも逃さない。 ライトニング……所謂電撃を伝えているせいか? 実体化して握っていられる。 「マテラ……」 が、 意識が薄れることを待ってもくれず……それを、 俺は、 期待……。
 ショートレンジに輝きの中から姿を現す……マテラ、 より先に! ゴールデンアローが中から飛び出して、 実態を見せているこの元の主目掛けて俺すれすれを通過していく……。
 この体は、 所謂疲れ知らずだったはず。 なのに……やはり元となるエナジーパワーを最大限に、 然も一瞬で使ってはこの体内をモンスターパワーを支えているエナジーも空になって……こうなるのかとはじめて知った俺。
 薄れた意識の中で……金色の輝きを伴ってマテラが出現してゴールデンアローを放つ。 が、 こっちではなくやや方向が違っている。 その矛先をなんとか見ると……シルク色の獅子のような四つん這いの物体がいる。 寝そべった態勢からでは山の如く見えもする。
 「シンだ! 『女体門』 で見たのと同じだ」 獅子のような何処かオオカミも臭わせるような容姿の睨まれたなら迫力満点の猛獣風だが……。
 未だこの手に巻き付いて掴んでいる令の二本の帯は……シンの左右のクビから気を伸ばしたように伸びている。 スースーと風切り音のように大きく開く口から放って、 蠢いている。
 マテラの放つゴールデンアローがシンを目指す……三発、 四発……足の如くゴールデンアローをシンに無から競る。 シンの体に当たって、 解けるように若干の言時季の輝きを残して消滅はしているが……シン自体は苦しんでもいる。
 お!
 一本アローが飛んでくる……青白きアロー色!
 「欲も私をいたぶってくれたわね。 お返しよ、 ふふっ」 と、 言葉を載せるマテラ。 はヒトミの分身。 あのクセが戻っている……表情も元のマテラのだ。
 「貴女が伝説獣のシンさんね。 どう……そろそろその正体を晒しては、 ふふっ」 と、 今度はピンクアローを……放つ……矛先は……シンだ。







    ……次回お楽しみに……m(_ _)m



    ☆わたしの私感☆
   暑いんだから、
   可能ならば涼しい時間帯にことを行いませんか?
   農村労働者諸君!



★誤字変換ミスによる文字化けがございましたら……悪しからず!


   by:音太浪 V(^_^)V



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.39 [HEART BOILED ☆ SF story]


   アダルズヒーロー・ヒューマンファンタジー
  HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3


                       鐘井音太浪
                                                               -netaro kanei-


 読者の皆様へ。 只今から週末小説はじめます! m(_ _)m
 ★全容を飛ばしたい方は、 下記の青色本編からどうぞ★


       プロローグ   

 この物語は、 フィクションだ。
 物語のステージになるこの惑星も俺の想像によるものだ。
 が、 何処かの太陽系第三惑星に有するものだったりするやもしれない。
 また、 固有の人物(生命体)名などが、 従来存在する名前と一致したとすれば    それは単なる偶然だ。
 ま、 しばし音太浪ワールドに付き合ってもらおう……ああ、 この物語を読むに当たってのアドバイスだ。 どこかに……地球という惑星が存在しているなら、 そこの常識を頑なに守りつつ読むのでは、 入り込み方が半減することを約束しておこう。 柔軟且つ白黒つけぬグレーゾーンをふんだんに維持し、 その狭間で楽しむことをお勧めする!
 物語展開は、 基本主な登場生命体、 つまり主役目線だ。 が、 ときより天の声も使う。
 では、 はじめよう……


       主な予備知識紹介   

ミックソン=レジェンズと呼ばれし半物質の特殊知的生命体とピューソンの融合生命体。 容姿は化け物。
レジェンズ=一般には触れることも見ることも出来ない特殊生命体。
ピューソン=何の特殊能力を持たない真人間。
ミックモン=邪な感情が頂点に達したとき、 身近な動植物と同化しその能力を持って実力行使する化け物。 力のあるミックモンやミックソンによって、 ピューソンをミックモン化することも可能。


   THE PARALLEL PLANET☆No.3!     STORYの序章   

 ★ ダーク(未知なる)レジェンズ十三柱の総合意思
     もういい! こんな無意味な世の中……
     我々はもう限界だ!
     ピューソンの知力を利用し……ミックモンを仕向けちゃいましょ!
     我々も同化できるベターハーフなピューソンを見付けようぞ!
     もう既に潜入している我ら以外のレジェンズやらの同士と……共に!
     ピューソン社会を一掃するんだ!
     うむ、 そうしてくれ!
     もう情状酌量の余地なしじゃな!?
     が、 中には救えるピューソンもいるやもしれん!
     なら、 まずは私が下部、 ダークレジェンズチームを……降臨致しましょう!
     引けをとったわね、 貴方にしては珍しく!
     ふっ、 俺様は勝手にいくぜ!
     相変わらず身勝手な奴だ……ライトニングレジェンズは!
 ……ああまってぇ~ライトニング様~ぁ! あたしもいくぅ……!

 この世からすれば絶する異空間での会合   
 それらはこの世を造り……生物をも誕生させた!
 が、 進化に伴い……人=ヒトガタ知的生命他の劇的な進化に戦いていたものの……
 その身勝手さに目を細めるようになっていた。
 そして、 ついに! 審判を問うことに……
 それまで、 異空間に    パラレルワールド化させたこの惑星のもう一つの世界を造り様子を窺っていた。
 が、 慈悲なる感情がないわけでもなく……十三柱のリーダーが、 現世に勧告した。
     ……パーフェクトオールレジェンズである! これより一カ年の期に……   
 まずは二柱のレジェンズが各々に動いた!


   ★ それは空気の澄んだヒンヤリする如月と呼ばれしある晩に……

 ピューソン側からすれば現世となる惑星に……レジェンズ側の半物質惑星が……
 ……そしてこの日、 その惑星は二分していたパラレルワールドがリンクした。


   ☆ リョウガのハートボイルドな決意

 もう思い残すことは何もない!
 すべてをこのときで変える    ハートボイルだなフリーランスライフだ!
 これまでいい子を演じてきた俺、 四十猶予の歳にして真なる一本立ちだ!
 妻子ある身を脱して    ここから先の生涯は、 其奴らを巻き込むことは様々危険だ!
 完全に縁を切り、 フルネームを改めた。
 俺の名は、 ペンネームどおりのライドウリョウガだ!
                            BY RYOUGA   


    理念、 HEART ・ BOILED ・ 7本柱とは……

  ☆己の意思(意志)決定により素直に言動する。
  ☆遊び心を持ったシンプルさへの追求心。
  ☆その外見に偏見を抱かない。
  ☆信じることの出来る精錬。
  ☆その分野の超人(高み)を目差す。
  ☆御節介はときより御法度!
  ☆結局、 自身らしく生きる。


   HEART-BOILED☆LEGEN'S Vol-1
  ハートボイルド★レジェンズ

  ファーストコンタクト! のおさらい

 俺(ライドウリョウガ)は、 この街の路地で奇怪な」ライトニングを喰らう。
 それは、 ライトニングエナジーレジェンズ・フルフリーそのもので、 ベターハーフとなるピューソンと融合するのが目的だった。
 この意までをも則ろうとするが、 俺は苛み、 其奴は何故か大人しくなった。
 俺は、 その新たなライフスタイルを、 好む女二人と営みはじめたところだ。
 直接危害がない限り、 他のことは 『どうでもいい!』 と言った思考の俺だ。
 が、 巷で噂のミックソンとなってしまったため、 アイスウーマンなどの数々のミックソンやミックモンと遭遇し、 やむなく関わってしまう。
 俺が掲げている理念 “ハートボイルド(七本柱)フリーランスライフを遂行している!


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-2
  ハートボイルド★レジェンズ

  THE DARK★LEGEN’S★MEN! のおさらい

 俺、 ライドウ・リョウガことフリーマン (ミックソン) は、 マテラ、 エリサ、 エルサ、 W・ナチとともに、 マロニエシティを襲ったローテンローゼン、 セントオオジョウシティを襲ったモングジラン少将をも何とか制圧して……場を納めた。
 ローテンローゼンもモングジラン少将も、 レジェンズ融合体の強敵だった。 が、 それらの真なる正体までは知るよしもない俺だ。 ま、 大方全世界からピューソンの一掃をミッションとし……ピューソンと同化するモンスターミックモンをも使ってピューソン一掃抹殺をこの惑星全域で遂行している……ようだ!
 が、 俺のテリトリー、 マロニエシティとフリーランスライフを犯してこなければ、 俺には関係ねえ。 ま、 どうでもいいこのだ!
 ま、 独りよがりか否かは一般の目線で勝手に評価していればいい……が、 どうしても意識してしまう俺にとっては “本物” 志向の……はっきり言っていい女らの身に何かが起きるか、 お強請りされれば関わざるおえないこともなくもない……かなあ~ぁ、 と言う意も出はじめてはいる俺でもある。



   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3
  ハートボイルド★レジェンズ

  イッツ リアリティ ザ・ピューソンズ・プラネット!


   0

 んが、 関わっちまったぜ。 マテラの正体を知ってしまったせいだ。
 マテラ、 マロニエシティ御当地ミックソンのマテラ・ディーチェの正体は、 俺がピューソン時の好むいい女の一人、 サキ・ヒトミだ。
 そんな関係の女にせがまれ……お強請りされれば嫌とも言う間もない一つ返事の 「ん!」 と首を縦に、 勝手に反応してしまう俺だ。 四十の男でも……自ら得たなら性格って言う奴を変更することもあるさ! ブレるのとは違う。 固有生命体的進歩……学習だ。
 今夜のお相手ミックモンは五体だった。 牛に馬に豚に鶏……何故かトラ! これらが同化したミックモンの化け物をマテラ、 アイスウーマンのエルサ、 そして俺で……と、 途中からあのメタワンコのホドガケ運ちゃんも手を貸してくれて……マロニエシティ・中央区マロニエ社(やしろ)前大広場は、 ある意味大にぎわいになった。 が、 ファイヤーイーグルのエリサもW・ナチは姿を現さなかった。 ま、 いい。 其奴の勝手で。 事情って言う奴もあるし、 俺はまだ、 W・ナチの性格って言う奴を深くは知り得てはいない。 勝手に思いこめば偏見になる。 俺の一番嫌いな……己の見ていない世界観を勝手に決めつけ判断してしまう……は、 偏見を抱く! ってなことだ。 俺も此奴で……協調性主義集団からの集中砲火を浴び続けていた時代もあった。 そのころは単なるピューソン男の……少し古い言葉だが……チョベリ男で単なるカッコツケマン! 中身が伴わない本当の意味での伊達カラースーツ好き男だった。 ま、 ジャケットを羽織ることへの憧れを実行していただけだ。 が、 周囲の目はそんな感じの視線が多かった様な気がしている。 はっきり弄って来てくれる者は少なかったが、 意を言葉にしてくれる奴はありがたい。 こちらの意を真に伝える機会を与えてくれる。 が、 影でゴチャゴチャ……明らかなる極寒な視線ながら影でゴチャゴチャは、 其奴らの意見をはっきりと汲めないので対処の使用もない……で、 勝手にこちらを、 はっきり言って仲間の輪からお外しあらされる。 協調性のない奴とレッテルを貼りやがる。
 で、 俺はよく知りもしない……且つ、 この目に見ることの出来ない影の大いなる世界観に対する身勝手な想像をすることを止めたんだ! したら、 すんごく気が楽になったんだ。 職業柄、 フィクションはライターとして描くが、 俺に知り得ない……目にも出来ない影の世界観を事実としては勝手に決めつけ講じない! と言うことを止めたと言っている。 言葉って言う奴も、 時頼厄介で、 その者の生い立ち……今日(こんにち)に至るまでの環境の差の価値観等々で……違って当然なのに……自身が身に着けた感覚で相手の放った言葉を読み解くが……そこに大きな落とし穴が存在していることを考え……思いつきもしない。 だから、 つまらない言い争いが生じるのだと俺は勝手に思っている。 同種の意味でとらえてはいるのだが……ニュワンス違いでズレてしまっていることにも気がつかず……掛け違えているだけなのに! 互いが釈然としない顔をしつつも……わかりあった振りして表情を繕っている光景を、 俺も幾度か目撃しているような気がする。 ま、 んな訳で俺は 偏見 っていう奴を抱くにはよく知った上か、 ファーストインスピレーションの所謂 『生理的気持ち悪さ』 っていうことでのどちらかだ。 後者のケースは俺の感覚では稀だが……どうしてもその外見を受け入れられない者が……たま~に出現する。 ま、 ☆その外見に偏見を抱かない☆ を理念テーマに掲げてはいるが、 このキャパオーバーな逸材も稀に出現してしまう……本にこの世はまだまだ底知れぬ……まあ、 いちピューソン男だった俺では止む追えまい。 が、 今はライトニング・エナジー・レジェンズのフルフリーとの融合知的生命体・ミックソンでフリーマンと名乗っている俺だ。
 で、 昨今のこのシティ……今夜も植物と同化したミックモンが出現しなかった、 と言うことは……プラント(植物)エナジーレジェンズのローテンローゼンが関わってはいないようだ。
 月光を背に俺はフリーマンに姿で……上空推定一千メートルをホバリング中だ。 テプラノドンの翼似の大翼をゆったりと羽ばたかせ……SWアイを駆使して下界を見下ろしている。
 SWアイとはこの目の特殊な能力で、 フルフリーとの融合で備わった能力だ。 千里眼の如く、 何処までも拡大フォーカス可能な視野力……それはまるでライフル銃などで使用するオシロスコープの如しだ。 もう一つ特殊能力があり……生命体以外の内部……つまり、 ピューソンの手によってつくられた建物や道路、 衣類に機器類の内部などを透かし見ることが出来る。 が、 例えば街路樹内部の根幹や年輪……マテラやエルサのコスチュームの中のオッパイや小股を透かし見ることは出来ない。 コスチュームを装ってはいるが、 あれらは何れも皮膚変化によるもので、 要するにすっぽんぽん状態の裸で皮膚を衣類に変化させ……ま、 カムフラージュしている。 俺もそれは出来る。 俺がピューソン時に好むクロウズのジャケットも皮膚変化で再現できる。 そのリアルさときたらしっぽりと触れない限りそのもので可成りの完成度だ。 で、 この目の能力に戻すが、 スコープのSとスケルンアイのSのダブルの能力と言うことで、 SWEYEだ。 今はもうコントロールは自然と勝手に……生まれた赤ん坊が……やがてはいはいをして……つかまり立ちをして……よちよち歩き出して……もうすっかりいつの間にか二足歩行で当然の如く歩くのと同様な日常的身体能力だ。
 ……下では、 マテラがガマーズ隊員らと……現場処理を行っている。
 マテラの正体は、 俺の女、 サキ・ヒトミ! で、 ヒトミはマロニエTVのガマーズ専属リポーターでもある。 その正体を知らないうちは単なる化け物見たさの好奇心旺盛主義な性格が度を超してのことかと思ってもいたが、 御当地ミックソン・マテラでは、 いち早い情報源を! と言った考えからも……俺の勝手な想像の推測だが……大方であろう。 ヒトミとは完全男女の仲で……出会って、 好感の意志交換をはっきりとして以来の五年以上に渡る間柄だ。 俺が勝手にどう想像してしまったとしても……得意のヒトミーズ・フラッシュ・スマイルを満面に頌え! 「もうリョウガさんったら……ふふっ」 と、 肯定否定もはっきりと意思表示してくれると、 確信できたしまう。 古から伝わる巫女衣装と陣羽織を足しで二分した白地に朱色の縁取りを施しているコスチュームだ。 得意の業はアローだ。
 で、 ガマーズとは、 G=グローバル・A=アンチ・M=モンスターオブ・R=レンジャーズSー複数のSで、 GAMRS=ガマーズの愛称部隊だ。
 ……エルサも正体を知っている。 嘗ては的として俺の前に出現した。 俺が行きつけのカフェ……マロニエシティ・北区にある “カフェテラス” と言う名のカフェのバイトの自称女子大生の通称ナミーちゃんとデートでいった映画館上映中に……いきなり客席をその業で襲ってきた。 攻撃の衝撃でナミーちゃん気絶後に、 俺は止む追えずフリーマンになった。 それをエルサに目撃されてしまっていたため……もう言い逃れなんてダサイ言い訳はしない主義の俺は、 正々堂々と認めた。 ま、 ことを終えたのちに……何故かセックスを伴ういきなりのお付き合いが……俺も拒むことなく……エルサも積極的に……行為に及んでしまって以来の男女の仲だ。 ヒトミも、 もう一人の同棲女のリサも、 すんなりと受け入れて今ではピューソン時はいい女らを相手にライフワークを営んでいる俺だ。 いい女の方からもその好意を露わに来てくれているのだから何処に拒まざる理由がある? と、 俺はよき言い方なら……三名の彼女がいる。 コピーピューソンではあり得ないので……魅惑の魅力が当然の如く違う。
 おおっと! 間もなく夜が明けそうだ! 俺たちミックソンは、 恒星の光を浴びると消滅してしまう。 少しだけ実感を得たことがある俺だ。 どうして恒星の光に影響するのかは知らないが……俺は退散する。
 「デュワッ!」 と、 マロコン屋上に、 無音の青きライトニングとなって、 急降下する。


   1から37 (の粗筋)

 フリーマンを解いて……マロコン屋上に舞い戻ったライドウ・リョウガに、 いきなりの出現した白トラ柄のコスチューム戦闘軍服ボディで背からゴールデン・コンドルの羽の生えているあの “トラコウ” のシルエットが声明を告げて消えた。
 リョウガは、 どうでもいいことなので気にもとめず302号室に帰る。 リサはいなかったがセレン・コールマンが来て、 サキ・ヒトミも加わって、 互いに求め合い “まったりエロスワールドを展開し、 満喫すると何故かエナジーパワーがマックスチャージされる。 ヒトミもセレンもリョウガの正体を知っている。
 いつになくリサが帰ってこないことを不審に思ったヒトミとセレンとリョウガは、マロニエシティのめぼしい箇所を捜す。 『マロニエ城・地下牢』 で、 ヒトミとセレンもいなくなる。 更なる不審を募らせてリョウガは、 『マロニエ城・女体門』 からリサに化けて入ってみる……『伝説獣・シン』 の彫り物から何らかの力でリョウガは、 豪雪吹雪く極寒の地に誘われて、 深い谷間の対岸のシャトーに向かう。 が、 『継ぎ接ぎ女』に遭遇し、 攻撃を受ける。 対処するフリーマンだが、 攻撃に破れ……谷のみを投じて逃げる。
 落ちたそこはマロニエ城の地下牢で、 フリーマンが解かれ……ライドウリョウガに戻っていた。 俺はまたリサに変化して 『伝説獣・シン』 が天井に描かれている夕暮れの 『女体門』 に向かうと、 リサを呼ぶ女が三人いて、 ガマーズラボのお仲間と一緒に入る。 と、 不可思議な現象が女三人を襲って消えてしまう。 門の中からおどおどしい唸り声がしてシンのマリオネットの三羽三種のとり女がリサの恰好のライドウリョウガに襲いかかる。 フリーマンになったライドウリョウガは策を練って高くジャンプした。
 ピンクとグリーンとキャメル色の鳥タイプミックモンが三位一体となり同化した『フリラ女』 を操るシンの盾となる。 手を出せないでいるフリーマンは致命傷となる外傷を負ってしまい……心理的にも困惑し追い込まれるフリーマン。 気を失う寸前の混沌の狭間の虫の息の中で、 自答問答する。 失われた意識の中で夢を見る。 夢遊状態から目覚めたライドウリョウガは、 頑固一徹、 一匹狼気質を継続する意を固める。
 珍しくフリーマンがガマーズ部隊とコラボして、 『三色とり女』を対処して自体を納める。 が、 伝説獣シンは、ワームホールに潜んでこちら世界に通じることが出来ると、 フリーマンは仮説を立てて……この惑星全土に存在しているであろうワームホールを探ろうと、 ライトニングエナジーパワーを最大値まで充填し、 スペース空間から……例のシャトーを目掛けて降下した。 予期せぬ攻撃を警戒しつつライドウリョウガは、シャトー内に侵入する。が、 何人たりとも遭遇することなく……二階まで侵入した。 単なる古いシャトーの一室で遂に動きがあった。 マテラの絵がゆっくりと3Dとなって浮き上がってくる。
 VSマテラの戦いがはじまって、 ライドウリョウガはフリーマンになることなく……マテラのゴールドアローの攻撃を見舞う。 一発脇腹に喰らってしまう。 激痛を覚えたライドウリョウガは、 今戦っているマテラが正気でないことを悟り……まずは本物か否かを確かめるべくフリーマンとなって高じた柵を実行する。
 心理的に追い込まれていたフリーマンことライドウリョウガだったが、 「さしものマテラ、 エリサ同様に命いっぱいやっても平気なはず」 と結論つけて挑むことを決意したフリーマンだったが、 ゴールデンアローの効力は……金色スパンコール色に変色しはじめている傷口。 「カマイタチ!」 にも似た傷を負いつつマテラを正気に戻す方法を考える。 フリーマンは、 ショットを頭部に左右の鰭に狭間から放つことを思う立ち、 実行した。

 マテラの頭上を飛んでいる最中に……矢継ぎ早に頭部からのショットを放ち攻撃変化つけて仕掛けはじめたフリーマンだ。 マテラからのゴールデンアロー攻撃も継続されているさなが、 その腰から帯紐が二本垂れて床を引きずっていることに気づきフリーマンは頭部からのショットを、 二本の帯に……焦点を合わせる。



  ……ここから今回のstory……



   38

 ヒット! したものの切断には至らない。
 「くそ、 切断は無理か」 が、 「お!」 マテラの様子が明らかに違う。
 吊り目の瞳から……一筋の涙。 マテラの正体ヒトミは、 ホットな女だが涙を見たことはただの一度もない。 そう言えばだが。
 一瞬の着地! ステップして……またマテラの頭上で捻りを入れた宙返り……マテラを狙うように頭部の鰭からライトニングエナジーショットを放つ。 その矛先は……マテラを掠めるように……その腰裏からまるで垂れ下がった二本の帯のような金色の帯状の何かだ。 見て目は綱のような感じに見える。 マテラの放つゴールデンアローを多少喰らっても……と、 俺は腹を決め。 マテラの目深に……これまでのパターンを変えていきなり降り立つ。 間髪入れずにキスして……御如御如言う。 操られ……あの三色鳥女もしたくもない戦いを己の意思を無視した状態で、 俺に刃を向けていた。 なら、 格は違ってもこのマテラも……そんな心境であることを……願って、 俺は、 意を期した。
 「おい、 マテラ。 俺が操る釣り糸を切る。 その手で掴んで引きずり出せ……分かるか?」
 言葉なくも、 マテラがキスの度合いを濃厚に僅かな時間でする。 了承の返事ととった俺は即座に実行する。
 「そうだ! あのとき」
 俺は閃いた攻略策を元々頭のいいマテラならと、 告げる。
 「今は脳を制御されてか、 口がきけないようだが。 その意はあるとみえる」
 マテラが目を僅かながら細める。 この推測は強ちのようだ。
 「じゃあ、 強行に行くぜ。 マテラなら為す術があるはずだ。 信じるぜ」 と、 ニヒルVサインを放って、 一瞬に腰の二本の帯を掴んだ一瞬に、 只今チャージ中の全ライトニングエナジーをスパークさせる……然も最大限にだ。 『ライトニングエナジースパークハンディングラーニング』 とでも名付ければ上々か!
 あのときは間接的にはなったライトニングだったが、 今は握ったこの掌から伝えている……逃しはしない。 「うううわああああうううう……」 マテラも繋がっているので当然痺れが伝わって、 苦しんだいる。 が、 その意が自身の身体をコントロールできる一種生んで、 マテラなら手があるはずだ……。






   ……次回お楽しみに……m(_ _)m



   ☆わたしの私感☆
  老後の二千万なんて、
  一般者には無理。
  かくかくしかじかのローンを退職金でチャラにすると、
  残りはその半分の一千万程度……。
  一千万なんて、
  キッチリ営んでも精々五年保てばいい。



★誤字変換ミスによる文字化けがございましたら……悪しからず!


   by:音太浪 V(^_^)V



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

HEART-BOILED☆LEGEN'S-3 all_series_vol.38 [HEART BOILED ☆ SF story]

   アダルズヒーロー・ヒューマンファンタジー
  HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3


                       鐘井音太浪
                                                              -netaro kanei-


 読者の皆様へ。 只今から週末小説はじめます! m(_ _)m
 ★全容を飛ばしたい方は、 下記の青色本編からどうぞ★


       プロローグ   

 この物語は、 フィクションだ。
 物語のステージになるこの惑星も俺の想像によるものだ。
 が、 何処かの太陽系第三惑星に有するものだったりするやもしれない。
 また、 固有の人物(生命体)名などが、 従来存在する名前と一致したとすれば    それは単なる偶然だ。
 ま、 しばし音太浪ワールドに付き合ってもらおう……ああ、 この物語を読むに当たってのアドバイスだ。 どこかに……地球という惑星が存在しているなら、 そこの常識を頑なに守りつつ読むのでは、 入り込み方が半減することを約束しておこう。 柔軟且つ白黒つけぬグレーゾーンをふんだんに維持し、 その狭間で楽しむことをお勧めする!
 物語展開は、 基本主な登場生命体、 つまり主役目線だ。 が、 ときより天の声も使う。
 では、 はじめよう……


       主な予備知識紹介   

ミックソン=レジェンズと呼ばれし半物質の特殊知的生命体とピューソンの融合生命体。 容姿は化け物。
レジェンズ=一般には触れることも見ることも出来ない特殊生命体。
ピューソン=何の特殊能力を持たない真人間。
ミックモン=邪な感情が頂点に達したとき、 身近な動植物と同化しその能力を持って実力行使する化け物。 力のあるミックモンやミックソンによって、 ピューソンをミックモン化することも可能。


   THE PARALLEL PLANET☆No.3!     STORYの序章   

 ★ ダーク(未知なる)レジェンズ十三柱の総合意思
     もういい! こんな無意味な世の中……
     我々はもう限界だ!
     ピューソンの知力を利用し……ミックモンを仕向けちゃいましょ!
     我々も同化できるベターハーフなピューソンを見付けようぞ!
     もう既に潜入している我ら以外のレジェンズやらの同士と……共に!
     ピューソン社会を一掃するんだ!
     うむ、 そうしてくれ!
     もう情状酌量の余地なしじゃな!?
     が、 中には救えるピューソンもいるやもしれん!
     なら、 まずは私が下部、 ダークレジェンズチームを……降臨致しましょう!
     引けをとったわね、 貴方にしては珍しく!
     ふっ、 俺様は勝手にいくぜ!
     相変わらず身勝手な奴だ……ライトニングレジェンズは!
 ……ああまってぇ~ライトニング様~ぁ! あたしもいくぅ……!

 この世からすれば絶する異空間での会合   
 それらはこの世を造り……生物をも誕生させた!
 が、 進化に伴い……人=ヒトガタ知的生命他の劇的な進化に戦いていたものの……
 その身勝手さに目を細めるようになっていた。
 そして、 ついに! 審判を問うことに……
 それまで、 異空間に    パラレルワールド化させたこの惑星のもう一つの世界を造り様子を窺っていた。
 が、 慈悲なる感情がないわけでもなく……十三柱のリーダーが、 現世に勧告した。
     ……パーフェクトオールレジェンズである! これより一カ年の期に……   
 まずは二柱のレジェンズが各々に動いた!


   ★ それは空気の澄んだヒンヤリする如月と呼ばれしある晩に……

 ピューソン側からすれば現世となる惑星に……レジェンズ側の半物質惑星が……
 ……そしてこの日、 その惑星は二分していたパラレルワールドがリンクした。


   ☆ リョウガのハートボイルドな決意

 もう思い残すことは何もない!
 すべてをこのときで変える    ハートボイルだなフリーランスライフだ!
 これまでいい子を演じてきた俺、 四十猶予の歳にして真なる一本立ちだ!
 妻子ある身を脱して    ここから先の生涯は、 其奴らを巻き込むことは様々危険だ!
 完全に縁を切り、 フルネームを改めた。
 俺の名は、 ペンネームどおりのライドウリョウガだ!
                            BY RYOUGA   


   理念、 HEART ・ BOILED ・ 7本柱とは……

  ☆己の意思(意志)決定により素直に言動する。
  ☆遊び心を持ったシンプルさへの追求心。
  ☆その外見に偏見を抱かない。
  ☆信じることの出来る精錬。
  ☆その分野の超人(高み)を目差す。
  ☆御節介はときより御法度!
  ☆結局、 自身らしく生きる。


   HEART-BOILED☆LEGEN'S Vol-1
  ハートボイルド★レジェンズ

  ファーストコンタクト! のおさらい

 俺(ライドウリョウガ)は、 この街の路地で奇怪な」ライトニングを喰らう。
 それは、 ライトニングエナジーレジェンズ・フルフリーそのもので、 ベターハーフとなるピューソンと融合するのが目的だった。
 この意までをも則ろうとするが、 俺は苛み、 其奴は何故か大人しくなった。
 俺は、 その新たなライフスタイルを、 好む女二人と営みはじめたところだ。
 直接危害がない限り、 他のことは 『どうでもいい!』 と言った思考の俺だ。
 が、 巷で噂のミックソンとなってしまったため、 アイスウーマンなどの数々のミックソンやミックモンと遭遇し、 やむなく関わってしまう。
 俺が掲げている理念 “ハートボイルド(七本柱)フリーランスライフを遂行している!


   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-2
  ハートボイルド★レジェンズ

  THE DARK★LEGEN’S★MEN! のおさらい

 俺、 ライドウ・リョウガことフリーマン (ミックソン) は、 マテラ、 エリサ、 エルサ、 W・ナチとともに、 マロニエシティを襲ったローテンローゼン、 セントオオジョウシティを襲ったモングジラン少将をも何とか制圧して……場を納めた。
 ローテンローゼンもモングジラン少将も、 レジェンズ融合体の強敵だった。 が、 それらの真なる正体までは知るよしもない俺だ。 ま、 大方全世界からピューソンの一掃をミッションとし……ピューソンと同化するモンスターミックモンをも使ってピューソン一掃抹殺をこの惑星全域で遂行している……ようだ!
 が、 俺のテリトリー、 マロニエシティとフリーランスライフを犯してこなければ、 俺には関係ねえ。 ま、 どうでもいいこのだ!
 ま、 独りよがりか否かは一般の目線で勝手に評価していればいい……が、 どうしても意識してしまう俺にとっては “本物” 志向の……はっきり言っていい女らの身に何かが起きるか、 お強請りされれば関わざるおえないこともなくもない……かなあ~ぁ、 と言う意も出はじめてはいる俺でもある。



   HEART-BOILED☆LEGEN'S all_series Vol-3
  ハートボイルド★レジェンズ

  イッツ リアリティ ザ・ピューソンズ・プラネット!


   0

 んが、 関わっちまったぜ。 マテラの正体を知ってしまったせいだ。
 マテラ、 マロニエシティ御当地ミックソンのマテラ・ディーチェの正体は、 俺がピューソン時の好むいい女の一人、 サキ・ヒトミだ。
 そんな関係の女にせがまれ……お強請りされれば嫌とも言う間もない一つ返事の 「ん!」 と首を縦に、 勝手に反応してしまう俺だ。 四十の男でも……自ら得たなら性格って言う奴を変更することもあるさ! ブレるのとは違う。 固有生命体的進歩……学習だ。
 今夜のお相手ミックモンは五体だった。 牛に馬に豚に鶏……何故かトラ! これらが同化したミックモンの化け物をマテラ、 アイスウーマンのエルサ、 そして俺で……と、 途中からあのメタワンコのホドガケ運ちゃんも手を貸してくれて……マロニエシティ・中央区マロニエ社(やしろ)前大広場は、 ある意味大にぎわいになった。 が、 ファイヤーイーグルのエリサもW・ナチは姿を現さなかった。 ま、 いい。 其奴の勝手で。 事情って言う奴もあるし、 俺はまだ、 W・ナチの性格って言う奴を深くは知り得てはいない。 勝手に思いこめば偏見になる。 俺の一番嫌いな……己の見ていない世界観を勝手に決めつけ判断してしまう……は、 偏見を抱く! ってなことだ。 俺も此奴で……協調性主義集団からの集中砲火を浴び続けていた時代もあった。 そのころは単なるピューソン男の……少し古い言葉だが……チョベリ男で単なるカッコツケマン! 中身が伴わない本当の意味での伊達カラースーツ好き男だった。 ま、 ジャケットを羽織ることへの憧れを実行していただけだ。 が、 周囲の目はそんな感じの視線が多かった様な気がしている。 はっきり弄って来てくれる者は少なかったが、 意を言葉にしてくれる奴はありがたい。 こちらの意を真に伝える機会を与えてくれる。 が、 影でゴチャゴチャ……明らかなる極寒な視線ながら影でゴチャゴチャは、 其奴らの意見をはっきりと汲めないので対処の使用もない……で、 勝手にこちらを、 はっきり言って仲間の輪からお外しあらされる。 協調性のない奴とレッテルを貼りやがる。
 で、 俺はよく知りもしない……且つ、 この目に見ることの出来ない影の大いなる世界観に対する身勝手な想像をすることを止めたんだ! したら、 すんごく気が楽になったんだ。 職業柄、 フィクションはライターとして描くが、 俺に知り得ない……目にも出来ない影の世界観を事実としては勝手に決めつけ講じない! と言うことを止めたと言っている。 言葉って言う奴も、 時頼厄介で、 その者の生い立ち……今日(こんにち)に至るまでの環境の差の価値観等々で……違って当然なのに……自身が身に着けた感覚で相手の放った言葉を読み解くが……そこに大きな落とし穴が存在していることを考え……思いつきもしない。 だから、 つまらない言い争いが生じるのだと俺は勝手に思っている。 同種の意味でとらえてはいるのだが……ニュワンス違いでズレてしまっていることにも気がつかず……掛け違えているだけなのに! 互いが釈然としない顔をしつつも……わかりあった振りして表情を繕っている光景を、 俺も幾度か目撃しているような気がする。 ま、 んな訳で俺は 偏見 っていう奴を抱くにはよく知った上か、 ファーストインスピレーションの所謂 『生理的気持ち悪さ』 っていうことでのどちらかだ。 後者のケースは俺の感覚では稀だが……どうしてもその外見を受け入れられない者が……たま~に出現する。 ま、 ☆その外見に偏見を抱かない☆ を理念テーマに掲げてはいるが、 このキャパオーバーな逸材も稀に出現してしまう……本にこの世はまだまだ底知れぬ……まあ、 いちピューソン男だった俺では止む追えまい。 が、 今はライトニング・エナジー・レジェンズのフルフリーとの融合知的生命体・ミックソンでフリーマンと名乗っている俺だ。
 で、 昨今のこのシティ……今夜も植物と同化したミックモンが出現しなかった、 と言うことは……プラント(植物)エナジーレジェンズのローテンローゼンが関わってはいないようだ。
 月光を背に俺はフリーマンに姿で……上空推定一千メートルをホバリング中だ。 テプラノドンの翼似の大翼をゆったりと羽ばたかせ……SWアイを駆使して下界を見下ろしている。
 SWアイとはこの目の特殊な能力で、 フルフリーとの融合で備わった能力だ。 千里眼の如く、 何処までも拡大フォーカス可能な視野力……それはまるでライフル銃などで使用するオシロスコープの如しだ。 もう一つ特殊能力があり……生命体以外の内部……つまり、 ピューソンの手によってつくられた建物や道路、 衣類に機器類の内部などを透かし見ることが出来る。 が、 例えば街路樹内部の根幹や年輪……マテラやエルサのコスチュームの中のオッパイや小股を透かし見ることは出来ない。 コスチュームを装ってはいるが、 あれらは何れも皮膚変化によるもので、 要するにすっぽんぽん状態の裸で皮膚を衣類に変化させ……ま、 カムフラージュしている。 俺もそれは出来る。 俺がピューソン時に好むクロウズのジャケットも皮膚変化で再現できる。 そのリアルさときたらしっぽりと触れない限りそのもので可成りの完成度だ。 で、 この目の能力に戻すが、 スコープのSとスケルンアイのSのダブルの能力と言うことで、 SWEYEだ。 今はもうコントロールは自然と勝手に……生まれた赤ん坊が……やがてはいはいをして……つかまり立ちをして……よちよち歩き出して……もうすっかりいつの間にか二足歩行で当然の如く歩くのと同様な日常的身体能力だ。
 ……下では、 マテラがガマーズ隊員らと……現場処理を行っている。
 マテラの正体は、 俺の女、 サキ・ヒトミ! で、 ヒトミはマロニエTVのガマーズ専属リポーターでもある。 その正体を知らないうちは単なる化け物見たさの好奇心旺盛主義な性格が度を超してのことかと思ってもいたが、 御当地ミックソン・マテラでは、 いち早い情報源を! と言った考えからも……俺の勝手な想像の推測だが……大方であろう。 ヒトミとは完全男女の仲で……出会って、 好感の意志交換をはっきりとして以来の五年以上に渡る間柄だ。 俺が勝手にどう想像してしまったとしても……得意のヒトミーズ・フラッシュ・スマイルを満面に頌え! 「もうリョウガさんったら……ふふっ」 と、 肯定否定もはっきりと意思表示してくれると、 確信できたしまう。 古から伝わる巫女衣装と陣羽織を足しで二分した白地に朱色の縁取りを施しているコスチュームだ。 得意の業はアローだ。
 で、 ガマーズとは、 G=グローバル・A=アンチ・M=モンスターオブ・R=レンジャーズSー複数のSで、 GAMRS=ガマーズの愛称部隊だ。
 ……エルサも正体を知っている。 嘗ては的として俺の前に出現した。 俺が行きつけのカフェ……マロニエシティ・北区にある “カフェテラス” と言う名のカフェのバイトの自称女子大生の通称ナミーちゃんとデートでいった映画館上映中に……いきなり客席をその業で襲ってきた。 攻撃の衝撃でナミーちゃん気絶後に、 俺は止む追えずフリーマンになった。 それをエルサに目撃されてしまっていたため……もう言い逃れなんてダサイ言い訳はしない主義の俺は、 正々堂々と認めた。 ま、 ことを終えたのちに……何故かセックスを伴ういきなりのお付き合いが……俺も拒むことなく……エルサも積極的に……行為に及んでしまって以来の男女の仲だ。 ヒトミも、 もう一人の同棲女のリサも、 すんなりと受け入れて今ではピューソン時はいい女らを相手にライフワークを営んでいる俺だ。 いい女の方からもその好意を露わに来てくれているのだから何処に拒まざる理由がある? と、 俺はよき言い方なら……三名の彼女がいる。 コピーピューソンではあり得ないので……魅惑の魅力が当然の如く違う。
 おおっと! 間もなく夜が明けそうだ! 俺たちミックソンは、 恒星の光を浴びると消滅してしまう。 少しだけ実感を得たことがある俺だ。 どうして恒星の光に影響するのかは知らないが……俺は退散する。
 「デュワッ!」 と、 マロコン屋上に、 無音の青きライトニングとなって、 急降下する。


   1から36 (の粗筋)

 フリーマンを解いて……マロコン屋上に舞い戻ったライドウ・リョウガに、 いきなりの不適な笑い声をたてて話しかけてきた白トラ柄のコスチューム戦闘軍服ボディで背からゴールデン・コンドルの羽の生えているあの “トラコウ” のシルエットだった。 トラコウは声明らしきことを告げて消えた。
 リョウガは、 どうでもいいことなので気にもとめず302号室に帰る。 リサはいなかったがセレン・コールマンが来て、 サキ・ヒトミも加わって、 互いに求め合い “まったりエロスワールドを展開し、 満喫すると何故かエナジーパワーがマックスチャージされる。 ヒトミもセレンもリョウガの正体をしている
 いつになくリサが帰ってこないことを不審に思ったヒトミとセレンとリョウガは、捜しに出る。 まずはN社のGTーRでイケントマーシー・パークの高台駐車場 『見晴らしのいい高台パーキング』 に行き車載GPS通信探査装置でリサのスマホ位置を探ったが、 探査できない箇所若しくはその訳を見当し合って、 『マロニエ城・地下牢』 として来てみたが、 ヒトミとセレンもいなくなる。。 更なる不審を募らせてリョウガは、 『マロニエ城・女体門』 からリサに化けて入ってみる……『伝説獣・シン』 の彫り物から何らかの力でリョウガは、 豪雪吹雪く極寒の地に誘われて、 深い谷間の対岸のシャトーに向かう。 が、 『継ぎ接ぎ女』に遭遇し、 攻撃を受ける。 対処するフリーマンだが、 攻撃に破れ……谷のみを投じて逃げる。
 落ちたそこはマロニエ城の地下牢で、 フリーマンが解かれ……ライドウリョウガに戻っていた。 俺はまたリサに変化して 『伝説獣・シン』 が天井に描かれている夕暮れの 『女体門』 に向かうと、 リサを呼ぶ女が三人いて、 ガマーズラボのお仲間と一緒に入る。 と、 不可思議な現象が女三人を襲って消えてしまった。 門の中からおどおどしい唸り声が……中に入ると、  シンのマリオネットの三羽三種のとり女がリサの恰好のライドウリョウガに攻撃をし続けている。 しつこい攻撃を電撃で止めた一瞬でフリーマンになったライドウリョウガは……高くジャンプした。
 ピンクとグリーンとキャメル色の鳥タイプミックモンが三位一体となり同化した『フリラ女』 を操るシンの盾となる。 手を出せないでいるフリーマンは致命傷となる外傷を負ってしまい……心理的にも困惑し追い込まれるフリーマン。 気を失う寸前の混沌の狭間の虫の息の中で、 自答問答する。 失われた意識の中で夢を見る。 夢遊状態から目覚めたライドウリョウガは、 頑固一徹、 一匹狼気質を継続する意を固める。
 珍しく、 フリーマンとなっているライドウリョウガはガマーズ部隊とコラボして、 『三色とり女』を対処して自体を納める。 が、 伝説獣シンは、ワームホールに潜んでこちら世界に通じることが出来ると、 フリーマンは仮説を立てて……この惑星全土に存在しているであろうワームホールを探ろうと、 ライトニングエナジーパワーを最大値まで充填し、 スペース空間から……例のシャトーを目掛けて降下した。 横手の窓からSWEYEで透視する……。予期せぬ攻撃を警戒しつつライドウリョウガは、シャトー内に侵入する。が、 何人たりとも遭遇することなく……二階まで侵入した。 と庄野から栗が施してはあるものの……単なる古いシャトーでしかなかったが、 一室で遂に動きがあった。 引かれ如何約言症を得意とする……マテラの絵が……ゆっくりと3Dとなって浮き上がって繰るのをライドウリョウガは見守っている。
 VSマテラの戦いがはじまってしまった。 が、ライドウリョウガは、フリーマンになることなく……マテラのライドウリョウガも知らないゴールドアローを、三発回避する際に、最後の一発を食らってしまう。 マテラの正体がサキヒトミであることを知っているように、フリーマンだと言うことも知られている。脇腹に喰らって激痛を覚えたらいどうは、 今戦っているマテラが正気でないことを悟り……まずは本物か否かを確かめるべく、 ライドウリョウガはマテラに大きさに釣り合うフリーマンとなって抱きしめてみた。
 心理的に追い込まれていたフリーマンことライドウリョウガだったが、 さしものマテラ、 エリサ同様に命いっぱいやっても平気なはずと、結論つけて挑むことを決意したフリーマンだったが、 今までにないマテラの俊敏な動きからのゴールデンアローの餌食となる。 その効力は……金色スパンコール色に変色しはじめている。 が…… 「カマイタチ!」 にも似た傷口……を追いつつ俺は充実感あるマテラとの戦いで正気に戻す方法を考える。 然る者マテラを菊に信じてフリー万個とライドウリョウガは、 ショットを頭部に左右の鰭に狭間から放つことを思う立ち、 実行した。




  ……ここから今回のstory……



   37

 ……今度は矢継ぎ早に頭部からのショットを放つ……飛んでいる最中に! ステップを飛んだ一瞬に! 単発だったり連射だったりと、 攻撃変化のメリハリを付けての攻撃を仕掛けはじめた俺だ。 マテラからのゴールデンアロー攻撃も継続されている。
 ショットがマテラにヒット。 ま、 掠めているものの、 輝きのテレポーテーションで逃れてもいたあの女体に……巫女の光コスチューム姿のマテラ! 帯紐が二本垂れて床を引きずっている。 ま、 その影響で衣の襟や裾、 前合わせらがはだけることはない。 そのコスチュームはマテラの皮膚そのもので、 皮膚変化によりそう見せている。 オッパイの突起部位や小股の神秘なる溝は見えもしない。 俺がこの姿でいる際も……ヒトガタ雄の象徴のシンボルシンは存在していないように。 用はある意味全裸だ。 ま、 オール肌色のマテラヌードも可成りの美的であろうが、 俺はまだ目にしたこと。 あ、 ローテンローゼンの宮殿の裏庭で遭遇しいて正体がカミングアウトし合って野外Hしたときは、 そのもう一つの姿のヒトミとで、 ヒトミーズビューティフォーオールヌードデカパイ付きであって、 マテラの姿での裸ではない。 ま、 戦うことを想定してこの体は存在しているのか、 マテラもエリサもエルサもナチもセクシーカットフォルムコスチュームではあるが、 それらの部位が見えたりすっぽんぽんになってしまったりのシーンは、 俺がこのフリーマンに成ってからは……思い出しても思いつくことはない。 ま、 美しきものを好む俺はマテラのオールヌードも見てみたいと思う。 で、 ヒトミとマテラの違いは若干で、 ま、 でかさはあるにしろ全体がよりシャープで帯締めコスチュームではでかいのであろう……オッパイも強調してはいない。 やや吊り目の流し目的な細さ……が朗らかな表情で戦うのだが、 今は可成りの真剣度合いが窺える。 「て、 え?」 帯……帯が垂れるわけがない!」 金色の帯はマテラ自身のものでなく……伝説獣シンのあれか? 用はこのマテラもしの職種で繋がれ操られていると言うのか? ヒトミはピューソン時も可成り素直で。 その性質を俺は重々知っている。 催眠なのか? それとももっと別の何らかのことなのかは知るよしもない俺だが、 それでもマリオネット状態なのは確かなようだ。 マロニエシティのマロニエ城で戦った三色鳥女もそうだった。 と、 言うことは……「ようし」 活路が見えた瞬間だった。 あの帯状に繋がっている金色の帯二本を断ち切ることさえ出来れば……マテラを正気に戻すことが出来るのでは? と、 俺は、 マテラの頭上を宙返りしつつ飛んでいるさなが……頭部からのショットを、 二本の帯に……焦点を合わせる。





     ……次回お楽しみに……m(_ _)m



    ☆わたしの私感☆
   奴隷のような今の本業……。
   速く人間味ある世界二位場所を造らねば……
   わたしは確実に刈ろう死する。
   例えば、
   毎日自室一人で惨憺部の畦を草刈り……
   最後まで終わるともう……
   最初が伸びている!
   他にも仰せつかる3K仕事!
  「済みません助かります」の言葉ばかりで、
   ちいとも動かない三人のわたしより10も若男ども
  (怒り)
  『済みません。今回を私的な口』



★誤字変換ミスによる文字化けがございましたら……悪しからず!


by:音太浪 V(^_^)V



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -